がってぃん ならん!

 

がってぃんは<合点>
合点できない、納得できないの意
それだけではなく、そこには、「絶対に許せない」という強い気持ちが込められている。

政府が開催した「4・28主権回復の日記念式典」に抗議して
沖縄県民が開いた集会の合い言葉である。

がってぃんならん 4・28大会

ゴールデンウィークにもかかわらず1万人以上の人々が詰めかけた。
会場に入りきらない人々が、周辺の広場や木立の影で暑さをさけながら、会場からもれてくるマイクの声に耳を傾け、拍手を送っていた。

DVC00233.JPG

 

 

壇上に顔をそろえた発言者たちから

次々に、語られる「日本」の「沖縄」に対する理不尽な仕打ち。

辺野古を抱える名護市の稲嶺市長は

「”ならんしぇならん(ならぬことはならぬ!)と声を上げよう。DVC00238.JPG

黙っていることは、認めることなる」

 

女性代表の伊志嶺雅子さんは

「4・28で切り捨てられた沖縄で、

米兵に辱めを受け、傷つけられ、殺された女性・子どもは多数にのぼる。DVC00241.JPG

しかし、米軍の占領下では、加害者の米兵は処罰されることはほとんどなかった。

許せないのは、この情況が今でもほとんど変わらないことだ

 

父親が集団自決の生き残りという座間味村の村議会議長の中村秀克さんは

「復帰後、同級生の母親が米兵の車にひかれて死亡したがDVC00235.JPG

加害者の米兵は無罪になった。

今も差別的な安保条約・地位協定が残っている以上、

日本は主権国家ではない。

 

戦時中、学徒動員され看護隊として日本軍傷病兵の手当に従事した

白梅学徒隊の中山きくさんはDVC00243.JPG

「この同じ時間に政府の式典が行われていることに

不条理と無念さを感じている。

61年間の沖縄の苦悩を全く顧みない歴史認識を欠いた

心ない行為だ。これ以上の沖縄差別は許されない

 

若者代表、中部地区青年団協議会の若者たちは

4・28を知らなかった若者たちも壇上に

4・28を知らなかった若者たちも壇上に

「正直に言うと、4・28が屈辱の日と呼ばれるようになったいきさつを

知らなかった自分たちがいることにショックを受けた。

これを機会に、自分たちのような若者たちに

少しでもこの事実を知って貰いたいと、この壇上に上がることを決めた。

これからみんなで沖縄、日本の未来を考えるきっかけにしたい」

 

大会の模様を地元紙は、以下のように伝えた。(琉球新報)

DVC00234.JPG

地元紙の記事
(29日 琉球新報)

 

 

地元紙の記事 (29日 琉球新報)

地元紙の記事
(29日 琉球新報)

 

 

 

 

 

 

 

2013年4月30日リンクURL

あんまー (お母さん)

赤ちゃんがいちばん始めに発する言葉は「お母さん」だと言われています。
もちろんそれぞれの国(民族)によって言語は違うわけですが

春ですね!

春ですね!

日本語では お母さん・かあちゃん
韓国では おんまー
中国語では まーま
イタリアでは マンマ
英語では ママ、マミー

うちなーぐちでは、あんまーといいます。(ただし、庶民階級の言葉)

言語は違えど、母を現す言葉の響きがとても似通っているのは不思議です。
言語学的な解釈はできませんが、決して偶然ではないと思います。

私の世代(団塊世代)では、もう母親をうちなぁぐちあんまーと呼んでいる人は
そんなに多くはありません。
ほとんどがお母さんだと思います。

でも、私の父や母は、祖母のことを日常的にあんまーと呼んでいました。

DVC00085.JPG

印象深いのは、父方の祖母が晩年になって痴呆が進み、元気な頃は嫁姑として人並みに確執も少なからずあった二人ですが

毎日介護をしている嫁(私の母)を、あんまーと呼ぶようになっていったことです。

祖母は、97歳で逝きましたが
天寿が近づくにつれて子ども返りして、世話してくれる嫁を母親と思ったようです。
そんな二人の光景を思い出すたび、いまでも胸が熱くなります。

 

また、強烈な驚き、悲しみ、喜び、感動、怒りの場面で思わず声を上げるとき「アンマヨー!」と叫びます。英語ならさしずめ「オー マイ ガット!」というところでしょうか。                   このあんまよー!は「お母さん!」から来ていると思われます。

DVC00087.JPG

赤ちゃんが生まれて初めて発する言葉がお母さん!で、喜怒哀楽の叫びもお母さん!

また、 戦場では、多くの兵士が「お母さん!」と叫んで死んでいったという話はあまりにも有名です。

魂が故郷に帰るとき口にする言葉も、やはりお母さん!だった。

偉大なるかなあんまー(お母さん)です。

2013年3月16日リンクURL

イチャリバ チョウデー(出逢えばきょうだい)

沖縄に少しでも関心のある方なら
一度や二度は耳にしたことのあることばではないでしょうか。

イチャリバ チョウデー
一度出逢えば きょうだいも同然、という意味です。

「袖振り合うも多生の縁」とか
「出会いに偶然はない」とも言いますので
けっして沖縄だけの考え方ではないと思いますが、

そのことばが、いまも社会に生きて使われているかという意味では
沖縄は飛び抜けていると思います。

 

夫婦シーサー

夫婦シーサー

私の友人のお父さんは、個人タクシーのドライバーです。

観光客を乗せる機会が多く
よくタクシーのお客さんを自宅に連れてきては、酒食のもてなしをしたうえ、自分も飲んでしまったので、ホテルまで送れないからと、タクシー賃まで渡して帰すのだそうです。                                                イチャリバチョウデーですからね。

 

ある時は、台風で飛行機が飛ばず、東京へ帰れなくなった若いカップルを自宅に連れ帰り、3日間も宿泊させたこともあったとか。もちろん無償でです。

これが「イチャリバ チョウデー」の心です。

 

また、これは東京の友人たちから聞いた話です。
女性だけ3人でタクシーを貸し切り、南部の戦跡巡りなどしたあと
「沖縄料理のおいしいお店を紹介してくれ」と言ったら

「どんな店の沖縄料理より、うちの女房の料理がうまい。よろしければ我が家へ」と、
誘われたのだそうです。

一日中車で案内して貰って気心も知れ、確かに悪い人ではなさそうだけど
東京ではあり得ない話にさすがに尻込みして断りました。が…

イチャリバ チョウデー、遠慮はいらないよ」とあまり熱心に誘うので、
3人だから大丈夫!という集団心理と
沖縄の普通の家庭の雰囲気も知りたいという好奇心が働いて
ついていったら

奥さんどころか
おじいちゃん、おばぁちゃん、子どもたち、お孫さんまで十数名の大家族に歓待され
翌日、ホテルで目覚めたとき
「竜宮城から帰ってきた浦島太郎」状態だったといいます。

以来、20年近く、彼女たちは
東京、広島、北海道、そして沖縄と遠距離を繋いで、家族づきあいが続いています。

 

似たような話はよく聞きます。
ちょっしたことで知り合った沖縄の人に、他人とは思えないもてなしを受けて、              きょうだいのようなつきあいを続けていると。

でも、かのタクシードライバーも誰でも家に招くわけではないと思います。                彼女たち3人にも響き逢う何かがあったのではないでしょうか。

楽シーサー

楽シーサー

 

イチャリバ チョウデーと同じような意味で

屋久島では「島いとこ」と言うそうです。

もう10年ほど前のこと、環境問題の活動をしている仲間たちと屋久島に調査旅行をしました。
私たちのガイドをして下さった方が
「今日から、私と皆さんは島いとこです」と言って下さいました。

沖縄では「きょうだい」、屋久島では「いとこ」
表現は違いますが、家族も同然というその心持ちは同じですね。

 

先述のタクシードライバーの話に戻りますと
竜宮城体験をした3人娘、当時はまだ20代だったので、
はじめは「エッチなおじさんかも?」と疑ったそうです。たしかに、そこは見極めが肝心ですよね

私も、沖縄に「変な人はいません」と
絶対を保証するものではありません。
くれぐれも、そこは自己責任、ということでよろしくお願いいたします。

2013年3月1日リンクURL