今年こそ 安倍政権をタッピラカス ~ 決意新たに 1月8日の辺野古

  朝7:00に那覇を出発するときはまだそれほどでもなかったが、辺野古が近づくにつれて雨が激しくなってきた。みんな雨具を装着してバスを降りた。

 私は今年初めてのゲート前座り込みである。

 

 9:00の一回目の搬入には、雨の中およそ30人が座り込んだ。午前中は風があまりなかったので、寒さはあまり感じることなく、有難かった。(国家)権力には、それが理不尽なものであれば、いくらでも抵抗するが、自然の威力には抵抗しても仕方がない。

機動隊も雨対策の完全装備

 名護市の隣村・宜野座村から月~金毎日午前中座り込みにやってくる80代男性。一度心臓発作で倒れたが、3か月の闘病を乗り越えて、今は元気に座り込みを続けている。「まだやることがあると思うから復活することができた。辺野古の座り込みは、わたしの元気の源。今年もみんなで頑張って、必ず辺野古を止める」と語る。

 瞬く間に排除され、1時間ほどかけて、ミキサー車や資材を積んだダンプが入った。

 入る作業車だけでなく、資材を下ろして出てくる車にも抗議する。「ちゅら海守れ!」「子どもたちの未来に基地はいらない!」「違法工事やめろ!」降り続く雨のなか人々の声が響く。

 一回目の搬入が一段落したので、テントの下に戻る。10時半過ぎに、那覇からの2台めのバスが到着。テントの中は急ににぎやかになった。「今年こそ 安倍政権をタッピラカス!」と、元気な声が飛び交った。「タッピラカス.」は沖縄のことば。正月早々なので、あえて意味は記さないでおこう。

 名護市議の大城敬人さんが、暮れに行った県への要請行動の報告をした。いくつか要請した中で、特筆したいのは「辺野古に県の出張所を!」と訴えたと説明。

 「県はこの5年間、辺野古の工事の現場に毎日職員を派遣して監視を続けている。その報告書を情報公開で入手したところ、驚くべきことが分かった。500ページにわたるその報告書には、ゲート前で県民が毎日座り込みの抵抗をしていることや、海上でカヌーチームが抗議行動をしていることが1行も記されていない。翁長知事やデニー知事が辺野古反対を掲げているのに、知事を支えているはずの職員には、辺野古での県民の必死の抵抗に対する現状認識や、緊張感が全くない」と憤った。

 「防衛局は辺野古に出先を置いて、抗議する県民に対抗してる。県も辺野古に出張所つくり職員を配置して、しっかり現状把握をしてほしい」と申し入れたとのこと。

 また、長野から一人で参加した女性は、一昨年の12月、辺野古の海に土砂が投入された時の「これは沖縄だけの問題ではない。日本全体の問題だ。自分ごととして考えてほしい」と訴える玉城デニー知事のコメントをテレビニュースで見て、初めて辺野古に関心を持ったという。1人でもできることをと考え、自分の住む村の議会へ「民意を無視ぜず、沖縄の人たちと話し合え」という意見書を提出、可決されたと報告、さらに仲間を募って近隣の町や村へも行動を広げているという。

 テントスタッフが工事の進捗状況を、県外から初めて参加した人にもわかりやすいよう図解入りで報告して午前中の行動を締めくくった。

 私は、午後から別日程が入っていたため、正午に辺野古を離れた。報告によると、午後は座り込みの人数も増え60人ほどになったが、この日もさらに2回の搬入があり、合計172台が基地の中へ入ったとのことである。

 この日、安和桟橋では午前中土砂運搬船が接岸して積み込みが行われ、本部港塩川では午前中は波が高くてガスも発生して積み込みはできなかったとのこと。大浦湾ではk8、k9護岸で搬入の作業が行われていたが、カヌー隊の皆さんは前線の通過で波が高く海上での抗議はできなかったという。

2020年1月9日リンクURL

吉永小百合&坂本龍一ジョイントコンサート ~ ビッグアーティスト夢の競演

 明日(5日)琉球新報ホールで開催される吉永小百合さんと坂本龍一さんのジョイントコンサートに寄せて、それぞれ「辺野古埋め立て  悲しい」「新基地建設  意義ない」とのメッセージが、共催する琉球新報・沖縄タイムス両紙に紹介された。

<30日 琉球新報>

 吉永小百合さんの朗読と、坂本龍一さんの音楽というビッグアーティストの夢の競演とあって、チケットは発売30分で完売になったという。琉球新報と沖縄タイムスが共同で開催する異例の企画である。

 二人は事前に辺野古の海を視察し、コンサートに臨む。

 <5日 琉球新報>

 

 

2020年1月4日リンクURL

辺野古の浜から「明けまして おめでとう!」

 東の空がわずかに白みかけた午前7時、辺野古の浜のハチウクシー(初興し)は、平和を願う祈りから始まった。

 

 平安座島のカミンチュ(神人)海勢頭豊さんのお願(祈り)のことばに合わせて、みんなでニライカナイの海に向かって平和の祈りをささげる。

 

 

 

祈りが続く中、黒い雲に覆われていた東の空の雲間から、少しづつご来光が辺野古の浜を照らしだした。まるで暗雲を突き破るかのように…。

 7:30からヘリ基地反対協議会の主催でハチウクシー(初興し:新年の事始めの儀式)が行われた。

 ヘリ基地反対協の安次富浩さんが「去年はヤマトからの邪悪な風に翻弄された一年だったが、今年は必ずいい年にする。まさに先ほどの祈りのさ中、暗雲が晴れて陽が射してきたように、この辺野古からヤマトの邪悪の風を押し返し、未来ある沖縄を私たちの手で作っていこう」とあいさつ。

 前名護市長の稲嶺進さんも、「お正月の若水を受けて、皆さんまた一つ若くなりましたね。沖縄の大事な文化、自然を守る。そしてそれを次の世代に受け継いでいく。それが今の大人の責任。みんなで必ず辺野古を止める。勝つまで絶対にあきらめない」とガッツポーズ!

この後、琉球古典音楽の演奏でカリー(縁起)をつけて、恒例の琉球舞踊・かじゃで風、児童による谷茶前、古武道などが披露された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 カヌーチーム・辺野古ブルーは海上から新年のあいさつ。

 最後は全員参加のおなじみカチャーシーでお開きになった後も、去りがたい思いの人たちが、手をつなぎ合って辺野古名物の勝利の歌ラインダンス。4~5人始まり、だんだんわが広がって大~な人の輪に。

 閉会後も、新たな闘いへの決意を込めた新年のあいさつを交わし合う姿が、会場のあっちこちで見られた。

宮古島から駆け付けた山城博治さんに島袋文子さん、大城敬人、稲嶺進さん。

また、新たな闘いの一年が始まる!

 

2020年1月1日リンクURL