今年も咲いてくれて、ありがとう!

 去年の3月、
知り合いの方が 健康食品のお店をオープンしたので
心ばかりのお祝いに、ミニ蘭の花を携えて駆けつけました。

 

 そのお店で1ヶ月余り咲き続けたでしょうか。
次にお尋ねしたとき、
「花が終わってあとの手入れを、どうしたらいいかわからない」と聞かされ
「私が預かります」と、持って帰りました。

 

あれから一年近く経って、ミニ蘭は、

私の部屋で、今年も、可愛い花を付けてくれました。

 

 
 

ありがとう!きれいだよ!!

 

明日にでも、そのお店へお返しに伺うつもりです。
「お花が終わった頃、また迎えに行くからね」

そんな約束を、ミニ蘭と交わして…。

 

 

2012年2月1日リンクURL

疲れ知らず~施療体験談

 

この方は、東京の本社から出張で沖縄営業所へ派遣され

一週間休みなく、多忙な毎日を過ごしていました。

とてもお疲れの様子だったので、私の方から声をかけ、

椅子に座ったまま、20分ほど

頭頂、目、首筋から鎖骨の辺りに手を当てて氣を送りました。

東京に帰られてから、いただいたメールです。

 

 

先日は、お忙しいところわざわざ来て頂きありがとうございました。

来て頂いてとても嬉しかったです。

 

そして、『気』を入れていただき感謝です。

あれから 5時まで沖縄営業所で仕事をして

夕方の那覇発⇒羽田行きの便に乗りました。

東京の自宅に着いたのは、午後11時少し前でした。

ところが、まったく疲れ知らずでした。

 

どうして眠くもないし何か元気?どうしたのかな?と思って、ふと気付きました。

 そうだ! みなもと様にして頂いた『気』の影響だと思い

ますます素晴らしさを実感致しました。

あの時の左肩が大変重くなりその後嘘のように軽くなりビックリしましたが、

再び驚かされました。

お陰様で元気に我が家に着き、洗濯までしてしまいました。

 

ありがとうございました。

わが故郷・渡嘉敷島は今、ホエールウォッチングの季節

 

 

 

 

2012年1月27日リンクURL

桜咲く~旧正月

 大寒の東京に積雪のニュースが流れる中、
旧正月を迎えた沖縄は、
南の八重山からは田植え、北のやんばるからは、の便り(三分咲き)が届きます。

寒緋桜

  

 

 昨日は旧歴のお正月の元日。
私が子どもの頃(昭和20年代)まで、沖縄では旧正月が一般的でした。

 

 しかし、日本復帰のあとの時代の流れと

丁度この季節は、

沖縄の基幹産業であるサトウキビの収穫期と重なり、
農繁期に当たるため、

次第に新暦のお正月へと移行して行きました。

 

 

いま、わずかに漁業の盛んな地域で旧正月の風景が残っています。

漁業の町で知られる「糸満漁港」の大漁旗

 

新聞記事は 

「漁港に停泊する漁船には

色とりどりの大漁旗が掲げられ、

 

海の神をまつる白銀堂では、

地元の女性らが家内安全や

一家の健康などを祈った」と、地域の話題を伝えています。

2012年1月24日リンクURL