さくらんぼ!

 日本列島のあちこちから、やっと、ちらほらと

桜のたよりが聞かれるようになりましたが

南国おきなわは、はやサクランボの季節となりました。

  

「本物氣功所 ゆい」の近くの公園では

ウグイスがサクランボを求めて

鳴き渡る姿が見られます。

  

木漏れ日の穏やかな太陽を浴びていると

ぬくぬくとして

向き合うべき

世の中の喧噪を忘れてしまいそうで、怖くなる。

  

寒緋さくらのさくらんぼ

 

寒緋桜の実は小さくて

ちょっと苦みがあるので

食用には向きませんが

それでも、昔はジュースにしたり

ジャムにしたりしたそうです。

いまの私たちは

少し贅沢で、わがままになってしまったようです。

2012年3月26日リンクURL

普天間基地移設問題で、国連が日本政府に質問状

県民の強い反対にも関わらず、日米政府が沖縄県内の辺野古に

移転を強行しようとしている世界一危険な基地・普天間の問題で

 

沖縄の環境団体などが、国連人種差別撤廃委員会へ

「差別である」と訴え続けてきたことに対し、
国連人種差別撤廃委員会が、日本に質問状を出すことが決定ししたことが

わかりました。すっごーい(^_^)/ 

毎日新聞の記事です。

 

<普天間:国連 住民の権利保護の観点で日本に質問状>

 【ジュネーブ伊藤智永】国連の人種差別撤廃条約の委員会(事務局・ジュネー
ブ)は、在沖縄米海兵隊・普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古(名護 市)移設
計画が歴史的な琉球先住民差別に当たる恐れが強いとして、日本政府に対し、

権侵害問題の観点から計画の現状や地元住民の権利を守る具体 策につい

て説明を求める異例の質問状を出す。

 日本政府は7月31日までに回答しなければならない。委員会は8月の次回会
期で、日本政府の回答も検討しながら、普天間移設計画が人種差別撤廃 条約

違反しているか審査する。沖縄住民の権利を守る方向で移設計画を見直すよ

う勧告を出す可能性が高い。

 これは2月10日、国連の会議に参加資格を持つ非政府組織(NGO)「反差
別国際運動」(事務所・ジュネーブ)と、沖縄の琉球文化伝承や自然保 護に取
り組むNGOが、普天間移設計画を人種差別撤廃条約違反だとして、委員会に

報したのを受けて行われている手続きの一つ。

 日米両政府は2月、普天間移設と切り離して米海兵隊のグアム移転を先行さ

るなど、沖縄に米軍基地負担を残す方向で計画が動き出している。

この ため、NGO側は人種差別撤廃委員会に「重大な条約違反を防止し、効果

的に対応すため」93年に設けられた「早期警戒措置・緊急手続き」の発動 を

要請した。

 委員会は、要請の採否を条約加盟各国から選ばれた5人の人権問題専門家

による作業部会で検討。今月6日には18人の委員全員による討議で、 NGO

の訴えについて日本政府の言い分を確認するため、質問状を出すことを決め、

9日付で採択した。

 質問状は、条約違反の恐れがある計画として、普天間飛行場の辺野古移設

と、在沖縄米軍北部訓練場の一部返還に伴う東村高江のヘリコプター着陸帯

(ヘリパッド)建設を指摘し、人権侵害ではないのか、住民の訴えに日本政府と

してどう対応しているのか、などを問いただしている。

毎日新聞 2012年3月13日 2時30分http://mainichi.jp/select/world/news/20120313k0000m030099000c.html

 

    世界一危険な基地とアメリカも認めている普天間基地 

 

2012年3月14日リンクURL

今年も咲いてくれて、ありがとう!

 去年の3月、
知り合いの方が 健康食品のお店をオープンしたので
心ばかりのお祝いに、ミニ蘭の花を携えて駆けつけました。

 

 そのお店で1ヶ月余り咲き続けたでしょうか。
次にお尋ねしたとき、
「花が終わってあとの手入れを、どうしたらいいかわからない」と聞かされ
「私が預かります」と、持って帰りました。

 

あれから一年近く経って、ミニ蘭は、

私の部屋で、今年も、可愛い花を付けてくれました。

 

 
 

ありがとう!きれいだよ!!

 

明日にでも、そのお店へお返しに伺うつもりです。
「お花が終わった頃、また迎えに行くからね」

そんな約束を、ミニ蘭と交わして…。

 

 

2012年2月1日リンクURL