山崎豊子さんと沖縄

作家・山崎豊子さんが亡くなられた。

新聞記者時代に培った取材力を駆使して
社会の闇に切り込み、不正義・不条理を鋭く突いた作品が 持ち味だった。

まだ新聞社に女性の記者が少なかった1944年に毎日新聞入社、
今なお男社会の権化のようなマスコミ界において
男性ならしなくていい苦労をし、いわれのない性差別を受けながら記者時代を過ごし、
後に作家としての立ち位置を築いてこられたのではないかと想像する。

編集者たちから取材の鬼と称されているように
テレビドラマ化された「大地の子」を書いたときは
中国に3年も暮らしながらこの作品を書き上げたという。

DSCN0562

沖縄をテーマにした「運命の人」を書いた時も、長期間沖縄に住み、たくさんの人に会い、さまざまな場所に行き、民族、文化、歴史など徹底的に取材しつくしたという。

大好きな作家だったし、仕事柄、けっこう著名人(芸能・文化人、政治家など)に会う機会に恵まれていたが、山崎さんにはついにお会いする機会がなかった。

聞けば、マスコミ嫌い、というか「作家は原稿用紙の升目を埋めるのが仕事」という 考え方の方で、めったにテレビや雑誌の取材には応じなかったらしい。

「運命の人」は、沖縄返還の際の 日米政府による「沖縄密約事件」を題材にした長編、沖縄に関心を持ったのは、 「ひめゆり平和資料館を訪れたのがきっかけだった。
語り部の証言に涙し、今まで知らないでいたことを悔い
沖縄を書かなければという思いが募ってきた」(作家の使命ー私の戦後より)

「運命の人」では、沖縄の犠牲の上に成り立つ日本の繁栄の欺瞞性をついた政治部記者に心を寄せつつ、かつて自らも身を置いた組織ジャーナリズム(新聞)への批判も込めた私たちは沖縄に迷惑をかけたのではない。犠牲を強いたのです」(共同通信記事より)

「沖縄に住んでこそ実感できたこの不条理を、もっと国民が知らなければならない」琉球新報 5日付朝刊・金口木舌より)と語っている。

いま、このような感性を持った人は、マスコミ界だけでなく
この国の行方を牛耳る官僚や政治家の中にはいほとんどない。

ホウオウボク(鳳凰木)

ホウオウボク(鳳凰木)

奇しくも昨日(4日)は、日米の外交・防衛担当閣僚による安全保障協議会(2プラス2)が開かれ、
「辺野古は唯一の解決策」と、沖縄にさらに犠牲を強いることで、日米の安全保障を強化する取り決めをしたという報道が、山崎さんの記事と同じ紙面を埋めた。

山崎豊子さんにはもっと長生きして、
沖縄のことを書き続けてほしかった。

心からご冥福をお祈りします。

2013年10月4日リンクURL

かちゅうゆ~応用編

近年は職場での昼食も、お弁当派が少なくないと思います。
愛妻弁当、いいですね!
若い方はおふくろの味かな?最高ですね!

でも、特に冬場、そのお弁当に「温かいみそ汁があればなおいいのに…」
なんて思ったことないでしょうか?

そんなときでも今どきは、近くのコンビニまでちょこっと走れば
カップ入りのインスタントみそ汁などがすぐに手に入る便利な世の中ではありますが、

少ないお小遣いの節約と、
余計な添加物を身体に取り入れたくないというかたは
ぜひお試しください。

超簡単で、ヘルシーで、経済的な自家製インスタントみそ汁が
あなたのご要望にお応えします。
前回ご紹介した「かちゅうゆ」の応用編です。                                                                                     「かちゅうゆ」の基本材料で味噌玉をつくり、お弁当と一緒に持ち運びできるよう、  ラップに包む だけです。

DSCN0350

 

 

 

 

 

 

味噌、ネギ、鰹節(削り)に、写真はチリメンジャコが入っています。

ラップで丸めると、これくらいの大きさになります。

DSCN0353

 

 

 

 

 

 

お昼時間にお弁当の包みを開けると、これが出てくるというわけです。                                                                      あとは、マグカップに入れお湯を注ぐだけです。

DSCN0358

 

 

 

 

 

 

毎日ひとつずつなんてめんどくさいので,作るときは一度に4~5個つくり                                                                                                                                    私の場合は職場の冷蔵庫に入れておきました。                                                                                   そして、職場の仲間たちへもおすそ分けします。

すると真似する人も出てきて、具に何を入れたらおいしいか、                                                                           お互いに情報交換をしたり、味比べをしたりと、昼食時間が楽しくなります。

むかし、おばぁから伝授された暮らしの知恵「かちゅうゆ」、                                                                             いまも私たちの暮らしのなかにしっかりと息づいていることがうれしいです。

 

※ 注意することは、必ず湯沸しポットなどから直接熱湯を注ぐこと。                                                                                                                                                                             お湯がぬるいとおいしくできません。

 

 

 

 

 

 

2013年9月28日リンクURL

かちゅうゆ~ おばぁの知恵袋 ①

DSCN0363「かちゅうゆ」 は、直訳すれば「鰹湯」。

今からふた昔も三昔も昔のこと、
二日酔いで寝床から頭も上げられない父に、祖母がつくってあげていた「かちゅうゆ」。

平たく言えば、手作りの即席みそ汁なのです。

子どもでも、風邪をひいたときなど、体調を崩したときには 食べさせてもらえました。

これを料理と呼ぶにはあまりにも簡単で、 「料理に失礼かな」と思うほどの料理。
だけど、これがおいしいのです。

私は、今でもよく作ります。
急いでいるときの夕食に、母と二人だけの朝食に とても便利で、おいしいから。

嘘だと思ったらお試しあれ!

かちゅうゆ <レシピ>

汁椀に
鰹節の削り…… 一掴み
お好みの味噌…… 大さじ1杯弱
刻みネギ、もしくはわけぎ(万能ねぎ)…… ひとつまみ

以上を基本として、
トッピングに、卵、乾燥わかめ、豆麩などを 好みで加え、あとは熱湯を注ぐだけ。

二日酔いはシャキッとするし、夏バテも吹き飛び、 食欲がないときでも けっこう食べられます。

この「かちゅうゆ」、わがふるさと渡嘉敷島が全国的に知られたブランドになるほどの鰹節の名産地だったから生まれた郷土料理かと思いきや、さにあらず、沖縄県内各地にあることが、大人になってわかりました。地域によって、味噌味だったり、醤油味だったり、塩味だったりするようです。
(つづく)

2013年9月26日リンクURL