ベトナムの旅 ⑦ あ・ら・か・る・と~バイクの洪水

出発の前に、交通事故だけは気を付けて!と
何人かから言われた意味が、これでした。

通勤ラッシュで信号待ちのバイクの放列

通勤ラッシュで信号待ちのバイクの放列

ベトナムの庶民の主な交通手段はバイクです。ホンダがたくさん走っていました(笑)

もちろん車もありますが、数十台走っているバイクの洪水の中を、
まるでおぼれている人みたいに、車が2割程度走っているという感じです。

しかも、前後左右傍若無人に突っ走るバイクに 車の運転手はずっとクラクションを鳴らしっぱなし。                                           ベトナムでは気の弱い人は車の運転はできないだろうなと思いました。

日本で例えれば、数十台の暴走族にとり囲まれてしまった車を想像していただければわかりやすいでしょうか。
移動はほとんど車でしたが、田舎道は別として
都市部では、乗ってるだけで何度も身のすくむ思いをしました。

これで「よく事故が起こらないなぁ」と思っていたら
案の定、滞在中日に一度は交通事故を目撃することに。幸いほとんどは接触事故でしたが…。

DVC00178.JPG

すごい勢いで走っているので、カメラでとらえにくく、写真ではそのすごさがあまり出ていないですが                             この風景で、30年ほど前中国で見た自転車の放列を思い出しました。

ベトナムでも数年前までは自転車だったようですが
最近急激にバイクに変わってきたのだそうです。

2014年1月31日リンクURL

ベトナムの旅 ⑥ あ・ら・か・る・と~これは何でしょう?

ハノイの朝6時です。

DSCN0720
昨夜遅く!というか、今日(11月23日)午前1時過ぎにハノイの空港に着陸。
ホテルに入ったのはもう午前2時は回っていたけれど、頑張って6時に起床。
眠い目をこすりながら、薄暗い中を散策にでかけました。
だって、少しでも早くベトナムに来た実感を味わいたいんだもんね。

DSCN0719DSCN0718DSCN0717

 

 

 

 

私たちも早起きしたつもりだったけれど、ベトナムの人たちはもっとずっと早起き。               家々はまだ戸を閉ざしていたけれど、道端に朝市が立ち、買い物をする人たちでとても賑やか。

ん!何でしょう!

DVC00006.JPG
朝市の露店に交じってひときわ華やかなテントのようなものが!

 

 

 

 

 

 

近づくと、中はこんな感じです。

DVC00005.JPG

後でわかったんですけど、この日<結婚式のある家>なんですって!                    言われれば、確かに新郎新婦の写真があります。

ベトナムの結婚披露宴は、レストランとか式場に集まってお祝いをするのではなくて
お家の前に、このようなテントを張出し、祝い客は、一日中いつでも好きな時間に三々五々行ってごちそうを食べ、お食事代に相当するお祝い金を置いて帰るのだそうです。

写真では写っていませんが、30分ほどしてもう一度この前を通ると
二人の女性が普段着でお食事をしていました。
”ところ変われば、品変わる”ですね。

2014年1月24日リンクURL

旅~北海道

15日から17日は
昨年に続いて二度目のピリカコタンのアイヌ交流センターを訪ねることになりました。

DSCN0693

まだ雪景色ではありませんでしたが、
白樺が美しく青空に映え、ナナカマドの赤い実が印象的でした。

 

DSCN0689

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄~北海道は4時間以上飛行機に乗るので
行きも帰りも一日がかり。正味1日だけ、所用のみの旅でした。

DSCN0694DSCN0709DSCN0702

 

 

 

 

アイヌの伝統音楽と踊りを見せていただきました。

DSCN0715

 

2013年11月21日リンクURL