友とするに悪き者

 兼好法師の「徒然草」に
友だちとしてふさわしくない人として
七つの「悪き者」が挙げられている。

 

 その三つめに「病なく身強き人」とある。
つまり「健康な人」は、友だちにするには良くない、と言うのである。

 

 高校の古典の授業でこの文章に出くわしたとき
随分戸惑った。

 

 私は、すこぶる健康体で
定年するまで40年間、一度も病気で休んだことがないと
このブログにも書いたが

 

実は高校卒業のときにも
小、中、高校12年間、無遅刻、無欠席で表彰されたことがある。
子どもとしては、病気をしないことが
自慢ではあっても、「悪き者」とされるとは
思いもよらなかったのだ。

 

 兼行法師が、健康な人はいい友だちになれないと言ったのは
「病気をした経験がないので、病人の気持ちが解らない」というのが
理由である。

 

 確かにもっともだと思い、乙女心は悩んだ。
と、いうのは転校が多かったせいもあり、
当時(高校2年生)私には、本当に親友といえる友だちがいなかったからである。

 

「きっと、人の痛みを知らない、鼻持ちならない人間だったかも知れない」と

反省した。

だからといって

病気には、なろうと思ってなれるものではない。

一生懸命に想像力を働かせて、推し量ってみるしかないのだ。

 

しかし、所詮私は私、人の身になるには限界があった。

以来、健康であることが引け目になった。

障がいのある人を避けたり、必要以上に親切にしたり。

 

これは、若きころの苦い思い出だが、

それはいまも尾を引いているかも知れない。

 

 人一倍、健康に関することに興味があるのは

そのせいであろう、と自己分析している。

 

 
 

人んちのだけど、美味しそうなパパイヤ

 

 

 

 

2011年8月31日リンクURL

月下美人の花が咲きました

 
 
 
 

月下美人

 

 その名のとおり
月の光を待つかのように
夜遅くに、花を開きます。

 

照明が足りなくて、花の美しさが半分も捉え切れていません。
透き通って、清らかで、神秘的な美しさです。

  

翌朝には、静かに花びらを閉じてしまいます。

 

2011年8月29日リンクURL

第二のスタート

 4月に「本物氣功所 ゆい」をスタートさせて3ヶ月が過ぎました。
全く宣伝らしい宣伝はしておらず、もっぱら口コミだけなので、
継続して定期的にきて下さっている方はまだ2~3人です。
ほとんどが物珍しさで「受けてみようかな?」という友人・知人たちが

途切れることなく、ちょくちょくときてくれています。

 

 なんと言っても一番多く長く私の氣功を受けているのは家族です。
2兄弟4姉妹なので、その子どもたち孫たちまで含めると結構な一族になります。
幸い大病を抱えている者はおりませんが、
最高齢87歳の母を筆頭に、きょうだいたちも老年期にさしかかっているので、
多少の不調は誰もが抱えていますが、
「氣功」によってそれぞれにドラマのような出来事が

次々と起こっているのです。

 

 本物氣功に出会っておよそ2年、

私自身の身体に起こった数々の驚くべき変化や、
家族の症例などを通して「本物氣功」のすごさを実体験してきました。
このすばらしい体験を独り占めしてはいけないと思い、
ホームページの作成を模索していますが、
すこし時間がかかりそうなので、
とりあえずブログを先にはじめることに致しました。

 

  氣功の師である千葉県・本物氣功所本所の松本宏一先生の元へ、
今も毎月施療と研究会参加のため通っています。
本物氣功師の仲間のみなさんが、
それぞれホームページを通して
「本物氣功」を広める活動を展開していらっしゃるなかで、
ひとり遅れをとっている感もありましたが、
これでやっと本物氣功師としての第二のスタートをきることが出来そうです。

 

  「氣功」のことだけではなく、
社会的に多くの問題を抱える「沖縄」の実情、
亜熱帯の自然の息吹、異文化の香りも、
ともにお届けすることが出来ればと願っています。

 

2011年8月6日リンクURL