浜下り

浜下り(ハマウリ)

渡嘉敷区浜下り1

 

沖縄の女の子の節句は旧暦の3月3日に行われます。

おひな様は、人形(ひとがた)に穢れを移して川や海に流すことから始まったと言われます。

 

沖縄には、もともとおひなさまの習慣はなく

浜辺に下りて、塩水に足を浸すことで穢れを祓うとされています。

 

そのため、この日女の人たちは、こぞってお重にご馳走を詰め、浜辺に下り

潮干狩りや船遊びをした後、お重を広げて唄ったり踊ったり

あるいはお芝居見物と、一日を楽しみます。

 

日頃、家事や子育てで忙しい女の人たちも

この日ばかりはおおっぴらに遊ぶことが認められていたそうです。

 

時代も変わり、都会では浜下りの習慣もすっかり廃れてしまいましたが

地方や離島においては、今もしっかり受け継がれているところが

まだまだあります。

 

そのひとつが、我が故郷・渡嘉敷島の「浜下り」です。

いまは女の人たちだけでなく

集落の人たち全員が集まります。

tokashiki-hamauri6

 

今年の旧暦3月3日は、先週末の金曜日でした。

どういう訳か渡嘉敷集落では、3月3日ではなく、4日に「浜下り」行事を行います。

 

それぞれが家自慢の一品料理を持ち寄り分け合いながらいただき、

おばあさんたちの祈りを込めた古謡にはじまり、今どきの民謡ショー、カチャーシーと

とても賑やかです。

tokashiki-hamauri3

渡嘉敷島の「浜下り」がユニークなのは、

旧暦の3月のはじめは折しも年度の変わり目に当たることから

島に赴任してきた新しい先生の紹介や、任期を終えて島を去る先生方のお別れのあいさつも

この席で行われます。

今年、島に赴任してきた先生方の紹介

今年、島に赴任してきた先生方の紹介

 

 

また、新学期に新一年生になった児童や

この一年間に生まれた赤ちゃんが紹介され、集落の人たちから祝福を受けます。

 

双子の赤ちゃんが紹介されました

双子の赤ちゃんが紹介されました

 

寂しいのは、かつては浜辺の砂浜で行われたのですが

そこは埋め立てられて港の桟橋になってしまったので

今は、港の待合所が「浜下り」行事の会場となっています。

 

締めくくりは、

夕方の4時、港を出港するフェリーで島を離れる先生方が

五色のテープを引きながら去って行くのを、みんなで見送る、

そんな風景も恒例となっています。

(写真提供は友人の米田英明さんと私の妹)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年4月24日リンクURL

居酒屋 源さん

東京に出るとき、常宿にしている新橋のホテルの近くでこんな沖縄料理のお店を見つけました。

DVC00016.JPG

レストランなどへ、一人では入れない質の私。
まして居酒屋ならなおさら入るのにかなりの決心がいります。
しかし、この店の名前と沖縄料理とくれば、入らないわけにはいきません。
エイ!ヤッ!と勇気を振るってのれんを潜りました。

中に一歩足を踏み入れると、そこはもう沖縄。
泡盛の香りと、琉球民謡、肌に慣れた沖縄の風情があふれていました。

女一人客にどんな席をあてがうべきか店員さんが困っている様子を見て取り「カウンターでいいです」と、入り口に一番近い席に自分から腰掛けました。

それでも緊張しながらグラス泡盛と、食事にゴーヤーチャンプルーを頼みました。

「沖縄の方ですか?」 注文をとりながらお店の人が聞きます。

黙っていても、私の姿形からすぐにばれてしまうのは、いつものことです。苦笑しながら頷くと、「沖縄より東京のほうが暑いですよねぇ(このときは夏だった)」と、うちなぁなまりと、はじけるような笑顔が返ってきました。

週末・金曜日ということもあるのか
店内はほぼ満席で、どうやら人気店のようです。
料理もしっかり沖縄の味がしていました。

沖縄風 煮付け

沖縄風 煮付け

実は、店の名前「源さん」に惹かれたのにはわけがあります。
それは、以前沖縄で
インディーズながら一時期流行った男性デュオのアルバムに
居酒屋・源さん」という曲があり、その歌がとても好きだったのです。

彼らは、現役の数学と英語の高校教師という異色のデュオで
その中の一人が友人の息子さんということもあって、
ライブにいったりCDを買ったりして、一生懸命応援をしていました。

その「居酒屋・源さん」という歌は
彼が学生時代、東京で働きながら苦学していたときに
アルバイトしていたのが「居酒屋・源さん」で、
店のオーナーである「源(げん)さん」が、沖縄からきた貧乏学生に、
なにくれとなく心配りをし、励ましてくれたお陰で、
挫折しそうになりながらも無事大学を卒業できたというストーリー。源さんは尊敬できる人生の師、カッコイイ大人の男性として描かれていました。

 

壺屋焼きの食器

壺屋焼きの食器

「オーナーのお名前がゲンさんなんですか?」と聞くと
「そうです」とのこと。

あいにくその日オーナーは深夜番で、11時にならないと出勤しないという。
しかし、場所といい、店名といい、情況と言い
ここがあの「居酒屋・源さん」に違いないと思わせるに充分でした。

その日は、泡盛一杯にゴーヤーチャンプルーをいただいて帰りました。

それからなんか何ヶ月して
今度は、東京の友人たち数人と「源さん」を待ち合わせの場所にしました。
彼女たちはみんな東京で沖縄問題に取り組んでいる人たちなので
みんな泡盛と琉球料理が大好きです。

DVC00020.JPG

運良くオーナーの源さんにもお会いできました。
この店に来たわけをお話ししたところ
この店はまだ開店して数年しか経っておらず、残念ながら「居酒屋・源さん」に登場するお店ではないことが判明。

でも、この店が気に入って、以来ここが東京の友人たちとの交流の場所になっています。

よろしかったらお出かけ下さい。ただし、あまりの人気店のため、特に週末は予約しないと座れません。

予約しても金曜日は2時間以内という制約がありますので、念のため!!

料理はどれもおいしいですが、私のおすすめは、ポーク卵おにぎりジーマーミ豆腐の揚げ出し 、     泡盛は宮の華です.

 場所は新橋駅近く、「沖縄倶楽部 源さん」

                                                               電話番号03-3433-3741です。

2013年3月5日リンクURL

十六日祭

沖縄にはお正月が2回(新正と旧正)あると旧正月の項で書きましたが
実は4回あります。

3つ目はクリスマスです。
敗戦後米軍統治下にあった沖縄ではクリスマス関連行事が
盛んに行われました。
それを沖縄の人たちは「アメリカ正月」と呼んだのです。

そして4つ目が「グソー(後生)」の正月です。
つまり、あの世のお正月です。
それは旧歴の1月16日におこなわれることから
十六日祭(うちなーぐちではジュゥルクニチー)と呼ばれます。

沖縄の人たちはご先祖様をとても大切な存在として
年間いくつもの先祖供養行事を行います。
十六日祭は、あの世のご先祖様にもお正月を迎えさせておげようという
現世の人々の優しい心があり、お正月には里帰りしなくても
この十六日祭には必ず里帰りするというほど重要な行事です。

今年の十六日祭は2月25日。
私も24日・25日と、故郷・渡嘉敷島に行って来ました。
ご先祖様のお墓の前で一族が集まり、ご馳走を広げて
ご先祖様とともにお正月を祝います。

 

我が家では、2カ所のお墓にお参りします。

まずは午前中に一族の始祖のお墓へお参り。

ここはうる墓と呼ばれ、うるとはサンゴ礁のことで

直径1・5メートルほどのテーブルサンゴが一枚あるだけの      質素なお墓です。

 

 

それもアコウの木の根っこがテーブルサンゴを抱き込んで      半分しか見えない。

この下にご先祖様の遺骨があるかもしれないとのことですが     確認されていません。

 

 

我が家は曾祖父の2代前に分家して、父は5代目でした。

午後からは、私が直接知っているご先祖・祖母や父が眠っている  催合墓(血族ではないいくつかの家族が合同で作ったお墓)にお参りしました。

墓前にお供えされたご馳走は精進料理ではありません。       お肉も魚もあります。

 

ビンシー呼ばれる携帯用のお祈りセットは誰が考え出したの!と感心するほど便利なものです。ひとつの箱の中に、お米、お酒のとっくり2本、杯、お線香など拝みに必要なものがひとそろいコンパクトに収まっています。  どこの家庭にもたいてい1セットあります。

 

 

沖縄線香紙銭。紙銭は、ウコンで黄色く染めた紙に銭型を打ち込んだもの。燃やすとあの世に送金できると言われています。

祈りの言葉は、

家族の安全と健康、集落の繁栄、そして世界の平和です。

これは今も昔も変わらない沖縄の人々の信条なのです。

2013年2月26日リンクURL