「ぬちまーす」の工場へ行ってきました

およそ6年ぶりのぬちまーすの工場(ぬちうなー)です。

ぬちまーすの工場「ぬちうなぁ」 高安正勝社長の講話は、今回もとてもわかりやすく、面白く、楽しく そしてためになるお話しでした。

特に今回は、女性たちのグループでお訪ねしたので 「女性と赤ちゃんの健康(命)をつかむために」というテーマでのお話し。

生命は海(ミネラルの宝庫)に産み落とされる。 川の生き物であるウナギ、カニが海で産卵するのは その原則を守っているから。 陸で命を産むことが出来る動物は 例えば人間など体内の海(羊水)に卵を産む

少子化はなぜ起こっているのか。            それは、母胎が体内の海を維持できなくなっているから。

人間は植物を食べることでミネラルを取り入れているが                           その植物(野菜)は 人間の認識不足から 窒素、リン酸、カリだけの肥料で育てられるため その他の微量で大切なミネラルがない野菜になってしまった。  

それで、 赤ちゃんを育むべきお母さんの身体になっていない。                      不妊、難産、少子化はそこから引き起こされている。

 NaCl (塩化ナトリウム)が99%の化学塩を長いこと食べさせられてきた私たち日本人は        塩は身体に悪いという常識がまかり通っている。                                          

 しかし、本来の塩は 自ら余分な塩分を排泄する力を持っているので                  いい塩をとることで、高血圧さえ直せる。

それどころか、減塩では高血圧は治せない。まで、高安社長は言い切る。

 

講話の受講生からハーブの花束を贈呈される高安社長

講話の受講生からハーブの花束を贈呈される高安社長

塩の専売制が廃止されて、自然塩がブームです。しかし、私たちはいい塩をとっているでしょうか。

家庭で料理に使う塩は確かに自然塩かもしれないが 漬け物はじめ、インスタント食品や、加工食品、 はたまた外食の食事には、安い化学塩がふんだんに使われています。

ぬちまーすは海水のミネラルバランス100%の塩です。(ギネスにも、世界一ミネラルの種類が多い塩として登録)その秘密は製塩方法(特許)にあります。

 

 

DVC00125.JPG 発明おじさんとして、地元の小学校の教科書副読本にも登場するぬちまーすの社長・高安正勝さんの講話を聞きに 沖縄中から子どもたちや、婦人会、老人会他、様々な人たちがグループで やって来るので、工場には50人ほどが入れるセミナールームがある程です。

この新工場が出来たばかりの6年前は、製品もお塩だけでしたが 今では、他の企業との提携で、味噌、醤油の調味料類はもちろんのこと、 お菓子、ドリンク、化粧品などたくさんのコラボ製品が誕生していました。

この海の深層水で「ぬちまーす」は作られる

この海の深層水で「ぬちまーす」は作られる

 

ちなみに「ぬちまーす」の「ぬち」は「」 「まーす」は「」のうちなぁぐちです。 私は、シルクソルトという洗顔用の塩とぬちからじ(髪)というミネラルたっぷりのシャンプーを買ってきました。

ソテツ

ソテツ

久高島を遠望する

久高島を遠望する

 

また、工場敷地はエネルギー場の高いいやしろ地で 景観もすばらしく、すてきな散策コースになっていました。

2013年5月2日リンクURL

シーミー(清明祭)

 

シーミー(清明祭)沖縄のご先祖を大切にする風習のひとつ。
太陰暦の季節区分・二十四節季のひとつ「清明の節」期間中に、
親族がうち揃い、重箱に詰めたご馳走を持って集まりご先祖のお墓参りをします。

DVC00202.JPG

お祈りが済んだら、お供えしたご馳走のお下がりを、お墓の中庭でひろげ、皆でいただきます。

 
芸達者な人が居る場合には、歌や踊りも飛び出し、さしずめ満開のさくらの下で繰り広げられるお花見会かピクニック、
という感じでしょうか!

 

 

ご先祖を一にするこの親族の一団を門中(むんちゅう)といい、大きな門中になると何百人なんていうのもあります。

これだけの親族が一堂に会するなんてそうはありませんから、

お重の中味

お重の中味

この機会にと、この一年間に結婚した人、生まれた赤ちゃん、高校や大学へ進学した若者の紹介、その他の近況報告など、門中の総会のようなことを行う一門もあります。

 

今年の清明の節は4月12日から15日間で
本来ならこの期間にお墓参りをしなければならないのですが、今どきは一同が集まりやすいよう清明節前後の週末土・日や
GWの連休に行うところも少なくありません。

シーミー ①

 

清明祭の風習は同じ沖縄の中でも地域によって違いがあり、神々の島と言われる久高島では、お墓参りはなく、お家のお仏壇の前で行うそうです。

ちなみに私の故郷・渡嘉敷島では「清明祭(シーミー)」は行いません。

2013年4月27日リンクURL

浜下り(ハマウリ)由来記

沖縄の女の子の節句は雛飾りではなく、
「潮干狩りや舟遊びなど、潮水に足を浸し、穢れを祓う」と言いましたが
これには、こんな言い伝えがあります。

 

浜下りで潮干狩りを楽しむ

浜下りで潮干狩りを楽しむ

昔むかし、ある村に一人の美しい娘がおりました。
村いちばんの美女というだけでなく、気だてもよく、しかも評判の親孝行娘。
村中の若者たちが言い寄りますが、娘は誰にもなびきませんでした。

年頃の娘が、どんな結婚話にも頷かないので
心配した両親が聞いたところ
実は娘には、夜な夜な彼女の寝所に偲んでくる思い人がいたのです。

「どこの誰だ!」と問いただしたのですが
いつも彼女が夢うつつの状態のときにやってくるので
娘にも、どこの誰なのか正体がわかりません。

それでは正体を確かめようというので、村の物知りの智恵を借り、
訪ねて来たその見目麗しき青年が帰るとき
「こっそり、着物の裾に長く細い糸をつけた縫い針を刺すように」と両親は
娘にしっかり言い含めました。

青年が帰った翌朝、糸をたぐって行くと
海岸近くの洞窟の中にたどり着きました。
そこで両親が見たものは!今にも飛びかからんばかりに目を光らせどくろを巻いている
八岐大蛇のような大蛇(アカマタ)でした。

大蛇(アカマタ)伝説

大蛇(アカマタ)伝説

ビックリ仰天した両親は急いで帰って事の次第を話すと
娘は泣きながら「すでに身重になっている」と告げます。

改めて村の物知りに相談したところ
「3月3日の大潮の日に、海へ行き汐水に足を浸して身を清めるように」とアドバイスされます。

言われたとおりに祈りを込めて潮水に足浸し身を清めたところ
娘の身体から無数の小さなヘビが産まれ出て、海に流されて消えて行きました。
以来、女の子は旧暦3月3日の大潮の日に、浜下りをするようになったということです。

 

このような古い言い伝えが残る浜下り(ハマウリ)ですが
そのいわれは知らなくても
折しも水温み、風爽やかな季節、浜辺で潮干狩りをし、唄い踊り、船遊びをするのは
とても気持ちがよいものです。

女の子は赤ちゃんも…

女の子は赤ちゃんも…

祖母が元気だった頃は、
お重の中には定番の赤い寒天、串に刺したゆでピーナツ、緑のよもぎ餅、魚の唐揚げなどが、形良く並んでいたのを、懐かしく思い出します。

2013年4月25日リンクURL