旧正月

友人から「旧正月おめでとう」と携帯にメール年賀状が届いた。
「お正月の神歌を唄って元旦を迎えたよ」と書き添えてある。
彼女は、西表島の神歌を継承する、数少ない歌い手の一人。

 

けらまツツジが咲き始めた

近くの公園で、ケラマツツジが咲き始めた

年間のさまざまな伝統行事を旧暦で行う沖縄では、お正月も旧暦で行う地域がまだまだかなりある。

一年に二度もお正月があるので
旧正を「沖縄うちなー正月」、新暦の正月を「大和(ヤマトゥ正月」と呼び分けている。

今年の旧正月は2月10日。
今日は旧正3日目である。

旧正月が盛んな地域は主に糸満や伊良部島のような港町や、
サトウキビを作っている農村地帯、
または、久高島のように神行事の残る島々など。

都会地域に住む住人は、日常暮らしている場所で新正月をし、
ふるさとに帰って旧正月と、二度もお正月を祝うことも珍しくない。

子どもたちにとってはなんとも嬉しい二重正月、
だって、お年玉が二度もらえるんだもん!

私の田舎では、新正月だけになって50年以上になるが
それでもお正月の儀礼として
若水を汲み、その水でお茶を沸かし、お仏壇に供てから
家族で飲み交わし、一年の健康を願う習慣がある。

しかし、我が家では祖母が亡くなって(15年前)からは、それもなくなってしまった。せいぜい親族が集まって新年会をする程度である。なんとも味気ないお正月になってしまったもんだ。

♪もういくつ寝るとお正月♪~ ワクワクしながら指折り数えていた子どもの頃が懐かしい。

 

註:若水とは、元日の早朝、井戸や地域の泉から汲んだ水。若水を飲むと邪気を払い、若返る(生気を蘇生する)と言われている。

2013年2月12日リンクURL

さくら 咲く

那覇でもさくらが満開に。
今日は最高気温25度、
2~3日前まで三分咲きだったさくらが一気に満開になったようだ。

 

 

 

でも、今年のさくらの花つきは、ちょっと寂しい。
昨年夏、毎週のように立て続けに沖縄を襲った台風で
木が痛めつけられた影響がいまだに響いている。

 

 

 

それでも命を繋ぐため、懸命に咲く姿が愛おしい。

 

 

北部のさくらの名所本部や名護では

「さくら祭り」も終わり、もう葉桜になったと聞く。

沖縄もけっこう季節感あるよね。

2013年2月4日リンクURL

すみれ咲く

 

冬になると、いつも「今年の旧正月はいつかしら?」と
カレンダーの中を捜す私。

この頃に、私の大好きな すみれの花が咲くからです。

紫色のこの小さな花に、なぜか心惹かれるのです。

幼い頃の思い出に繋がるからかも知れません。

今年も ありがとう!

 

最近は探し回らないとなかなか見つかりませんが、私が子どもの頃には、道端にも、野原にも群れて咲き乱れていました。

何十本ものすみれの花を両手いっぱいの束にして持ち帰り花瓶に生けたり、ガラスの器に無造作に生けて眺めるのが好きでした。

今はとてもそんなことはできません。
だって、あっちこち探し回って、やっとひと株、ふた株見つかるかどうか、だからです。

幸い、近所に、毎年数株のすみれを咲かせてくれる街路樹の植え込みがあります。

 

向かいの理髪店のおじさんが

きれい好きなのはいいのですが、地面がつるつるになるまで
竹箒で掃き清めるので、
芽を出したばかりのすみれが潰されることも度々。

彼には雑草にしか見えないのでしょうが
箒を使っているおじさんを、いつもハラハラしながら見ています。

それでも時期になると
小さいながら、ちやんと花を付けてくれる逞しさもあります。

和名:リュウキュウコスミレ

 

北部の方では今日から日本一早い桜祭りが始まりました。

私が住んでいる那覇では

桜が咲くのはまだまだ2~3週間後です。

沖縄では、桜前線は南下してくるのです。

2013年1月20日リンクURL