居酒屋で一緒に酒を飲むのを楽しみにしていた~父親の手記

元海兵隊員による強姦殺人事件から半年がたった昨日、被害者の父親の手記が新聞に掲載された。

娘と最後に会ったのは成人式。「居酒屋で一緒に酒を飲むこと」を楽しみにしていたと、一人娘への思いが痛いほど伝わってくる。

%e7%88%b6%e8%a6%aa%e6%89%8b%e8%a8%98 <19日 琉球新報より>

この日偶然にも、紛争下における性暴力をテーマにしたドキュメンタリー映画を観た。虐殺犠牲者600万人と言われるアフリカのコンゴ紛争の中で、女性の3人に2人がレイプ被害に遭い、その数は40万にも及ぶとも言われている。

そのコンゴで、命の危険に晒られながら、性暴力被害者の治療を続けている一人の婦人科医師の活動を描いた作品「女を修理する男」

その医師とは、今年のノーベル平和賞にもノミネート(三回目)されたムクウエゲ氏。戦争の手段として繰り広げられる集団レイプで無残な被害を受けるコンゴ東部の女性たち。暗殺未遂にあいながらも医療だけでなく、心理、教育など4万人以上のレイプ・サバイバーを治療し続けるムクウエゲ氏の姿を追ったドキュメンタリーである。

%e5%a5%b3%e3%82%92%e4%bf%ae%e7%90%86%e3%81%99%e3%82%8b%e7%94%b7「戦争と性暴力」、想像を超えた現実に、感想を述べる言葉も見つからないが、パンフレットから、このドキュメンタリー映画が伝えたいメッセージを感じていただけたら、幸いである。

「一部の人たちの金儲けのために豊富な鉱物資源をめぐって起こされる紛争。その中で性暴力は、支配の手段として利用される。

 性暴力が”戦争の武器”と呼ばれていることは、今では広く認識されるようになった。なぜなら、性暴力は他の武器と違って購入とメンテナンスを必要としないため、費用が掛からず、体一つで多くの人々を精神的にも身体的にも痛い目に合わせることができる。しかも、加害者は不処罰でいることが多いため、さらに最も効果的な武器である」

2016年11月20日リンクURL

「高江」の警備機動隊員が市民に差別発言~「土人」「くそ ぼけ」「シナ人」

もう 何をかいわんや である。

%e5%9c%9f%e4%ba%ba%e7%99%ba%e8%a8%80%e3%80%80%e6%96%b0%e8%81%9e%e3%80%80%e2%91%a0           <10月19日 琉球新報。

沖縄に派遣されている県外からの機動隊員は、見たところ若い人たちばかりだが、すでに死語となっている「土人」「シナ」など、よくこんな古い言葉を知っていたものだと思う。

沖縄に配属される海兵隊の新任兵士に沖縄差別を助長する新人研修が行われていたことが暴露されたばかりだが、もしかして、機動隊でも沖縄派遣機動隊員にに、このような研修を行ってはいないでしょうね。

かつては、沖縄戦の日本兵にも差別教育が行われていたことはよく知られている。相手は人間として扱わなくていい存在だと、差別を植え付けることで、兵士の戦場での人殺しは可能になる。戦争遂行に差別はつきものだ。

高江や辺野古で彼らが行っている暴力的な弾圧は、沖縄の人たちを見下さなければできないことだ。

今回の差別発言で、それが見える形で露呈した。

%e5%b7%ae%e5%88%a5%e7%99%ba%e8%a8%80%e3%80%80%e6%96%b0%e8%81%9e%e3%80%80%e2%91%a1        <10月19日 琉球新報 >

暴言を吐いた機動隊員は「つい興奮して言ってしまった」と発言を認めたが、謝罪することはなく、移動の形で19日付すでに大阪府警に逃げ帰ったとのこと。

これに対し大阪府の松井一郎知事ツイッターで、「表現は不適切だったかもしれないが、(動画を見て)大阪府警の警官が一生懸命命令にに従い職務を遂行していたことが分かった。出張ご苦労様」と、暴言警察官をねぎらったという。差別発言も命令による職務遂行か?

2016年10月19日リンクURL

国の違法行為続く「高江」

国家権力の横暴な市民弾圧の中で、違法な自然破壊が続く「高江」。

市民らが、連日提供施設内に入って、違法な立ち木伐採を行っている作業員に抗議し、抵抗している。

林野庁との事前協議で許可を受けている以上の伐採が市民によって確認され、抗議を受けた防衛局は、それでも「手続き上の問題ない」ととぼけている。

%e9%81%95%e6%b3%95%e4%bc%90%e6%8e%a1%e3%80%80%e7%b6%9a%e3%81%8f

国が作り出す「無法地帯」。森の、生き物たちの、悲鳴が聞こえてくる。

「抗議の市民を物扱い」

%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%82%92%e7%b8%9b%e3%82%8b

こともあろうに、抗議する市民をロープで縛り、排除するとは!しかも救助用のロープではなく工事用の資材などを縛る白黒の硬くて細いロープだったという。ケガをし、救急車で搬送された人もいる。

縛られ排除された女性は「細い縄が体に食い込み痛かった。物扱いされ、屈辱的だった」と語っている。

2016年9月29日リンクURL