「沖縄・米兵による女性への性犯罪」改訂版発刊 犯罪件数2・5倍 1000 件に増 ~ 基地・軍隊を許さない行動する女たちの会発行

 沖縄の女性たちが記録し続ける「沖縄・米兵による女性への性犯罪」が、このほど7年ぶりに改訂され出版された。

 通称「犯罪年表」と呼ばれるこの記録集は、戦後米軍の長期駐留下で起きる米兵士による女性に対する性暴力を、犯罪統計や新聞記事、歴史資料、証言などあらゆる記録を掘り起こすなどして、これまで13版(1945年~2021年12月)を重ねている。

 2016年に出された12版では、400件余だった犯罪件数は、今回の13版では一挙に2・5倍、1000件を超えた。 この7年間にこれだけ米軍人による性犯罪が増えたというのではなく、これまで表に出てこなかった事例を丹念に調べ上げることで増えた件数である。でもそれだけで驚くのはまだ早い。

 性暴力というのは、実際に起こった件数の四分の一程度しか表に出てこないと言われる。性暴力を受けても訴えないケースがほとんどで、実態はこの何倍もある可能性が高いのだ。

 沖縄の女性たちが、この犯罪年表をつくるきっかけになったのは、1995年に起きた米兵3人による少女レイプ事件だった。折しもその年は、「女性への暴力」がテーマの国連第4回国際女性会議が北京で開かれた年。沖縄からは100人近くの女性たちが実行委員会を結成し、11の領域で12のワークショップを持って参加していた。その中に「軍隊による女性への性暴力」をテーマにしたワークショップも含まれていた。

 北京会議を終えて帰ってきた女性たちを待ち受けていたのが、留守中の沖縄で起こった「少女レイプ事件」だった。まさに女性たちが訴えていたことが、北京会議の最中に起こったのだ。女性たちはすぐに声を挙げ、抗議行動を展開、女性に対する暴力は人権侵害であり、犯罪である」「軍隊は構造的暴力」と、ジェンダーの視点で基地・軍隊を問うた。やがて全県的な基地反対運動へと拡がっていった。(それが普天間基地返還⇒辺野古新基地問題へと繋がってゆく)

 沖縄の女性たちは、米国民に対し、世界の警察を標榜してアメリカが世界中に展開している軍隊が、紛争地や同盟国の駐留地で、その国や地域の人たち、特に女性や子どもたちにどんな影響を及ぼしているのかを訴えるため、アメリカピースキャラバンも敢行した。その中で問われたのが、「それでは一体米軍の女性への性暴力がどれほど起きているのか?」ということだった。そこで生まれたのが「沖縄・米兵による女性への性犯罪」(犯罪年表)である。

 ベトナム戦争終結後も、アメリカが世界中で起こす紛争・戦争はいまも続いている。その中で軍隊の女性への性暴力も起こり続けている。これらを無くすには、地球上からすべての基地・軍隊をなくす以外にはないのだ。

 

2023年6月16日リンクURL

3・11のフラワーデモ  IN OKINAWA

 11日(土)は、県民広場で行われたフラワーデモに参加した。

 

 3月のフラワーデモは、12年目の3・11の日だった。全国各地のフラワーデモで、12年前の避難所で起ったたくさんの性暴力に思いを馳せた人も多かったことだろう。

 地震、津波、原発事故という未曽有の災害の中で、女性はさらに性的暴力という四重、五重の被害を負う。あらゆる差別の根底に性差別があるからだ。この差別の構造がなくならない限り女性に対する性暴力を根絶することはできない。

 この日のフラワーデモでは、数日前に起こった県警警視による「児童買春」も取り上げられた。本来市民の安全安心を守るべき警察官による女性、(しかも中学生)に対する性暴力にことばを失う。

 この警視は辺野古ゲート前での県警による市民排除の指揮官でもあったと報じられている。 

 この日のフラワーデモには男性3人を含む十数人が参加、午後7時から30分間のスタンでイングのあと、意見、情報交換を行った。

 フラワーデモは毎月11日の午後7時から、県庁前の県民広場で行われる。

 

 

2023年3月14日リンクURL

3・8国際女性デーの辺野古

 辺野古ゲート前の新基地抗議行動は、各曜日で現場の責任者が決められているが、水曜日は唯一女性が抗議行動の指揮を担う。たまたま今週は「3・8国際女性デー」に重なり、女性の多いゲート前は話題に事欠かなかった。

 辺野古に向かうバスの中は国際女性デーの話題で盛り上がったが、辺野古に到着するなり、先着の人たちからショッキングな報告。

 かの「ひろゆき」事件以来、沖縄に無関心だった人たちにも知られるようになった座り込み日数が刻まれた看板だが、またまた標的にされ持ち去られたという。

 この4桁の数字は一枚ずつ抜き取って日付の変更ができるようになっており、これまでもはぎとられそこらへんに放り投げられ、踏みつけられたりしたことは何度かあったが、持ち去られたのは今回が初めてである。

 沖縄の島々で自衛隊ミサイル部隊の配備など軍事要塞化が強行されるなかで、あきらめずに国家権力に抗い続ける沖縄が、ネットをはじめあらゆる暴力のターゲットなっている。例え考え方が違うとしても、こんなこと(暴力)をして他者をあざけり貶めることが、その人にとってどんな意味があるというのだろうか?

 心が折れそうになりながらも、気持ちを奮い立たせてゲート前に座り込んだ。

 

工事用ゲート向かいの崖に咲くオキナワトベラ。トベラは「扉」のことで、葉や枝に独特の香りがあることから、かつては「扉」に吊り下げて魔除けとしたことからこの名がついたといわれる。

 正午前、工事用ゲートでの2度目の座り込み。最近は県外からの参加も少しずつ増えてきた。

 この女性も県外からの参加。「コロナ禍前は、ほぼ毎月のように沖縄・辺野古へ通った。気が付いたら年金のほとんどが飛行機代に消えていた。また来れるようになって、うれしい」と。

 この方も沖縄出身だが、今は県外で暮らす。今回は大学時代の恩師や友人たちが沖縄へ行くというので、案内も兼ね一緒にやってきた。



 さあ!小学生の素直な問いに、『人の話をよく聞く』ことを得意とするという岸田首相は、何と答えるのか?沖縄の私たちも知りたい。

 午後3時前、工事用ゲートでのこの日3度目の座り込み。

 春休みに入って、県外からの若い人だけのグループが増えているという。「ひろゆき氏」同様、抗議行動が休みの土・日や、抗議行動が終る5時以降の時間帯が多いとのこと。今日も男性だけ3人組が2組。5人組が1組きた。

 道路反対側の少し離れたところから、座り込んでいる私たちを背景に笑いながら自撮りして、5分ほどで立ち去った。明らかにひやかしの雰囲気でいい感じはしなかった。

 3組目の5人組、最初は前の3人組同様の態度で「またか!」と思ったが、抗議行動のメンバーが語りかけ、一生懸命説明したら立ち止まって聞いてくれた。そのうち、機動隊に排除される人々、列を成して基地の中に入って行くダンプの様子を見て、その顔から次第に薄笑いが消えていった。何か感じとってくれていたら嬉しい。彼らと話した人によると、東京都内の某大学の学生たちだそうで、「ネットで話題になっている場所が見たかった」と言っていたそう。

 辺野古の帰り道で出会った、自宅ちかくの民家に咲くメイフラワー。「5月の花」が、沖縄では2~3月に満開になる。

 

 「国際女性デー」に選ばれた3月8日は、1904年にアメリカで女性労働者が婦人参政権を求めてデモを起こした日。このデモがきっかけで、1910年にコペンハーゲンで行われた国際社会主義会議で、「女性の政治的自由と平等のために戦う」記念日が提唱されるなど、女性デー制定に向けた動きが世界各地で始まった。

 1975年の国連の国際女性会議で実施が決議され、その後1977年の国連総会で3月8日を「国際女性デー」とすることが議決された。 女性への差別撤廃と女性の地位向上を訴える。

 

2023年3月9日リンクURL