誰が、なぜ、何のために隠蔽したのか! ~ 「少女レイプ事件」 女性たちが怒りの記者会見

 事件は、昨年12月24日、多くの子どもたちが家族や友人たちと楽しく過ごすクリスマスイブの日に起こっていた。屈強な米兵に突然襲われた16歳の少女が、どれほどの恐怖と絶望、屈辱感、心身の痛みに陥れられたことか、同じ女性として、想像するだけでも胸がえぐられる思いがする。そんな少女の勇気ある訴えを、半年もの間握りつぶしていたのは、誰か?なぜ?何のために? 

 「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」の呼びかけで、今日午前中10から県庁記者クラブで、県内の主なる女性団体の代表らが、抗議の記者会見を行った。

 糸数慶子共同代表が抗議と要請文を読み上げ、高里鈴代共同代表がこれまで起こってきたこれまでの事件を通して、米軍にやりたい放題をを許している不平等な日米地位協定の問題や、軍隊の構造的暴力について強調するとともに、「加害者の米兵はすでに保釈され、嘉手納基地で拘束れているとのことだが、過去には保釈中に本国へ逃げ帰った例が何度もある。メディアの皆さんも、加害者が基地内でどのように過ごしているか、しっかり調べて報道するとともに、なぜ公表が遅れたのか、米軍、外務省、県警を追及して明らかにして下さい」と、メディアの在り方にも注文を付けた。

 他のメンバーからも、今回事件の公表が遅れたのは、県議選、辺野古基地の問題など、政治的な理由から意図的に隠ぺいされた可能性があるとして、次々抗議の声があがった。

 今回の事件に関して、各方面から抗議の声があがっているが、今後女性たちは、女性が呼びかける抗議集会はじめ、大規模な県民大会、県外の女性たちにも呼びかけ、直接国への抗議行動を展開することなどとを検討している。

 

 

2024年6月27日リンクURL

ご案内③:メディアはすべての人権のため隠された真実を暴け③ ~ ジェンダーの視点から安全保障を問う「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」

 1995年、米兵による少女レイプ事件をきっかけに誕生した基地・軍隊を許さない行動する女たちの会は、結成以来一貫して軍隊の構造的暴力を訴え、ジェンダーの視点から真の安全保障とは?と問い続けてきた。

 沖縄における米兵による女性への性暴力の実態を明らかにする犯罪年表の作成や、沖縄と同じく米軍の駐留する国・地域の女性たち、軍隊を送り出している国の女性たちとも連帯して、30年近く続く「国際女性ネットワーク」の、脱軍事化、脱植民地化を目指す活動を報告する。

 

2024年4月13日リンクURL