68年目の慰霊の日

昨日6月23日は「慰霊の日」。

68年前の第二次世界大戦で戦場となり、

県民の4人に1人の24万人(うち民間人十数万人)が犠牲になった沖縄戦が終わった日です。

月桃の花

この日は沖縄県だけの法定休日
学校もお役所も企業もお休み(国の機関は除く)多くの人たちが
ゆかりの地で
鎮魂と恒久平和の祈りを捧げます。

平和公園

平和公園

 

激戦地となった沖縄本島南部摩文仁の平和公園には
各都道府県をはじめ
「ひめゆりの塔」「健児の塔」など
多くの慰霊碑がありますが、
昨日はそのほとんどで慰霊祭が行われました。

祈りをささげる人々

祈りをささげる人々

 

 

戦後、野ざらしになっていたたくさんの遺骨を 付近の住民が集め、手作りで慰霊碑を建てたのが
「魂魄の塔」。

親族や肉親がどこで亡くなったのかわからない人たちは
「魂魄の塔」にお参りします。

 

 

平和公園で行われた県主催の全戦没者追悼式には、県知事はじめ総理大臣、外務大臣、防衛大臣も出席、県民5千人が参列しましたが、例年、美辞麗句を並べて形だけのあいさつをする国側来賓に反発して、平和を求める市民団体は、毎年この魂魄の塔前で追悼集会を行います。

昨日は一日、沖縄中で
たなびくお線香の煙と祈りの声が絶えることはありませんでした。

2013年6月24日リンクURL

「橋下市長!私が証人です」~金福童(キムボットン)ハルモニが証言

一昨日(18日)、
韓国から金福童さんを沖縄に迎えて「ハルモニとの交流集会~こころで感じる「慰安婦」問題~という集いを開催した。

証言する金福童ハルモニ

証言する金福童ハルモニ

開口一番、橋本発言に対して、「慰安婦」は必要だったと言うだけで謝罪もしないのは人間ではない。
証拠はないというが、この私が、何よりの証拠です。
私は苦しみながらも、いま生きて、ここにいる。これ以上の証拠がどこにあるのか!」

いつもは物静かで、笑顔の優しい福童ハルモニの表情が
一瞬険しくなり、細い手が机を叩く。
目には涙がにじんでいた。

一緒に登壇した挺対協代表のユン・ミヒャンさんは「福童ハルモニは世界中を回って証言をしており、1000回続いている韓国日本大使館前での水曜デモでもいつも先頭に立って、若い人たちに未来を感じさせる話をしてくれる。どんな辛い話でも決して涙を見せたことがなかった」と語った。

その福童ハルモニが見せた涙だった。

この私が何よりの証拠です

この私が何よりの証拠です

慰安婦にされ地獄の苦しみを味わってきた
自分をはじめ多くの朝鮮半島の女性たちが
未だに苦しみ続けているというのに

日本の国の政治家たちの、謝罪するどころか、
まるで存在しなかったかのような発言に
吹き出す悔しさと怒りの涙ではないだろうか。

金福童さんは15歳のとき、旧日本軍に「挺身隊として日本の縫製工場で働け。
さもなくば母親を反逆罪で捕まえる」と脅され、狩り出された。
しかし行った先は日本ではなく、台湾、広東、香港、マレーシア、スマトラ、インドネシアなど
戦場の最前線で8年間、慰安婦として従軍させられた。

平日は14~15人、
土曜、日曜ともなると、朝8時から夜10時まで
それこそベッドからいっときも起き上がることも許されない状態で
50~60人もの日本兵の相手をさせられたという。
想像を絶する。

戦争が終わり、故郷・韓国に帰ったときは22歳になっていた。
別れたときは14歳。「再会した母は大人になった私の顔ががわからなかった」という。

この集会は橋本発言があったので企画されたのではない。

会場を埋めた若者たち

会場を埋めた若者たち

「慰安婦」問題をテーマにした集会などは右翼などの妨害にあうので
今回も、事前のPRは信頼できる友人・知人宛の、極限られた人たちにメールで知らせ、少数で心の通い合う交流集会にしようという計画だった

しかし、図らずも橋本発言のせいで、多くの関心が集まり、クチコミで特に若い人たちが会場にあふれた。

金さんは、24日、もう一人のハルモニ・吉元玉さんとともに
橋本市長に面会することになっている。

橋本氏に会ったら、
「必要というのなら、自分の妻や娘を(慰安婦)として差し出せるのか?」と
質したいという。

果たして、橋本氏は何とこたえるだろうか。

2013年5月20日リンクURL

橋下発言~恥ずかしい日本

「戦地の兵士の休息のために、”慰安婦”は必要だった」と
日本軍「慰安婦」問題を肯定したうえに

「”屈強な兵士の性エネルギーをコントロールするために
沖縄の海兵隊は、もっと風俗を活用したら!”などと、
普天間基地の海兵隊司令官に提言した」と恥ずかしげもなく、
記者会見やツイッターで公言した日本維新の会の代表・橋下徹大阪市長。

人権を擁護する立場の弁護士でもありながら、                                戦争を遂行するためには、女性をモノとして扱うことを是とし、                        人権意識のかけらもない。
余りにも低レベルな発言内容にあきれ、驚き、憤慨し、
このような人が、政治家として人気が高い日本という国が恥ずかしい。

女性を侮辱しているだけでなく
「自分の性もコントロールできない」と言われているのだから
男性だって侮辱されていることに気付くべきだ。

「もっと風俗を活用したら」と進言された沖縄の海兵隊司令官
「海兵隊では買春は禁止されている」と、苦笑いしながら応え
それでもさらに「そんなきれい事では、海兵隊の性暴力事件は減らない」と
持論を展開する橋下市長に、
「もうその話題はよしましょう」と(呆れながら)彼の発言を遮ったという。

アメリカ国防総省の報道官も、日本のメディアの取材に対して
「オバマ大統領は米軍内の性暴力を無くすことに力を力を注いでおり、
米軍は買春を勧めていない」と報じている。

女性団体が記者会見し、抗議声明を発表

女性団体が記者会見し、抗議声明を発表

 

DVC00004.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄の女性たちは、中央政界の度重なる女性・沖縄蔑視の言動に怒り心頭!
幅広い女性団体が立場を越えて幅広く結束し

今朝10時から記者会見を開き、抗議声明を発表した。

 

 

 抗議声明

〜日本維新の会共同代表橋下徹大阪市長に強く抗議し、謝罪と、発言の撤回を求めます〜

2013年5月13日、日本維新の会共同代表である橋下徹大阪市長は記者会見のなかで、先の大戦での日本軍「慰安婦」の問題で、「当時は軍の規律を守るために必要だった」と「慰安婦」問題を容認することを表明しました。さらに、普天間飛行場を視察した際に在沖米軍幹部に対し、「海兵隊の猛者の性的エネルギーをコントロールできない。建前論だと人間社会はまわらない」との理由で、風俗業者の活用を進言したとも発表し、その後も「兵士の性をどうコントロールするかはいつの時代も軍のオペレーションとして最重要課題だ」と重ねて軍が風俗業を利用するよう繰り返しました。

こうした橋下市長の発言は、「本音だ」と繰り返すことで、あからさまな差別を正当化するものであり、女性のみならず男性、そしてすべての人間の尊厳を傷つけるものです。わたしたちは驚き、呆れ、また心底から怒っており、看過することはできません。
真実と真理を黙らせることは出来ません。国家や戦争を正当化するために、事実を都合良く取捨選択したり、歪曲することを、わたしたちは認めません。

わたしたちが知っている真実とは、日本軍によって強制・管理された「慰安婦」が存在したこと。戦中も戦後も、「慰安婦」を利用すればよいと発言する人がいたこと。「慰安婦」が過酷な暴力に晒されたこと。その苦しみが今日なお続いていること。

わたしたちが知っている嘘とは、男性は性欲がコントロールできないという、レイプを正当化する神話。性産業で働く人は「欲求のはけ口」になるのを自ら認めているという神話、あるいはそうされても仕方がないという神話。誰かの性を犠牲にすることで護られる「貞操」という神話。

わたしたちが長い時間をかけて掴みとった真理とは、セクシュアリティの破壊は、人間の身体と精神に加えられる深刻な暴力の一形態であり、戦争の戦略として使用されてきたということ。それはすべての性に起こるということ。戦時であっても平時であっても軍隊とは構造的な暴力装置であること。

今なお癒えることのない戦争の傷と、押しつけられた軍隊の日常の暴力のなかにある沖縄から、そして戦争と軍隊を拒否する沖縄から、橋下発言に対し、強く抗議し、謝罪と、発言の撤回を求めます。

2013年5月15日

<沖縄県女性団体連絡協議会、アイ女性会議、新日本婦人の会、ジェンダー問題を考える会、基地・軍隊を許さない行動する女たちの会、沖縄戦と日本軍「慰安婦」展実行委員会、オキスタ107,しんぐるまざーず・ふぉーらむ沖縄、沖縄子どもを守る女性ネットワーク、合意していないプロジェクト、北京JAC沖縄、沖縄県労連女性部、沖縄県チェジュ会、沖縄県母親大会連絡会、沖縄県女性の翼の会、沖縄県母子寡婦福祉連合会、自治労沖縄県本部女性部、沖教組女性部、高教組女性部、沖教組退職者の会、沖縄県華道研究会、生活共同組合コープ沖縄、人権意識を育てる会、女性議員有志>

 

地元メディアの関連記事はこちらから

琉球新報

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-206603-storytopic-1.html

琉球朝日放送
http://www.qab.co.jp/news/?p=43208&print=1?TB_iframe=true&

2013年5月15日リンクURL