核兵器は「非人道・絶対悪」~広島の平和宣言に感動! 長崎の平和宣言も安倍政権を痛烈批判!!

昨日(6日)は広島原爆の日」原爆の日 広島
松井一美広島市長の平和宣言に感動した。

 

同席した安倍総理の面前で
毅然として国の安全保障政策やエネルギー政策(原発)を批判し
あるべき姿を示した。

平和宣言は、被爆者の体験を具体的に述べたうえで
 無差別に罪もない多くの市民の命を奪い、人々の人生をも一変させ、
また、終生にわたり心身を苛み続ける原爆は、 非人道の極みであり「絶対悪」です。
原爆の地獄を知る被爆者は、その「絶対悪」に挑んできています。
自らが悲惨な体験をしたからこそ、
ほかの誰にも「私のような残酷な目に合わせてはならない」と
被爆当時14歳の男性は訴えます。

地球を愛し、人々を愛する気持ちを世界の人々が共有するならば
戦争を避けることは決して夢ではない。 と断言、

続けて
被爆者は平均年齢87歳を超えた今も、平和への思いを訴え続け、
世界の人々が、その思いを共有し、進むべき道を正しく選択するよう願ってやみません。

灯篭流し 

 

私たちは、苦しみや悲しみを乗り越えてきた多くの被爆者の願いに応え、  核兵器廃絶に取り組むための原動力とならねばなりません。と, 決意を示した。

 

さらに呼びかける言葉が圧巻。
 世界の為政者の皆さん、いつまで、疑心暗鬼に陥っているのですか。
威嚇によって国の安全を守り続けることができると思っているのですか。
広島を訪れ、被爆者の思いに接し、過去にとらわれず人類の未来を見据えて
信頼と対話に基づく安全保障体制への変換を決断すべきではないですか。

沖縄も同感!私たちもいつも言い続けていることばだ。

ヒロシマは、日本国憲法が掲げる崇高な平和主義を体現する地であると同時に、
人類の進むべき道を示す地でもあります。

これは、明らかに昨年10月、国連が発表した「核拡散防止条約」
アメリカに連動して、署名を拒否した日本政府への批判である。
重ねて、

今、核兵器の非人道性を踏まえ、廃絶を訴える国が着実に増加しています。
米国のオバマ大統領は核兵器の追加削減をロシアに呼びかけ核軍縮の決意を表明しました。
そうした中で、日本政府が進めているインドとの原子力協定  核兵器の廃絶する上では障害となりかねません。
ヒロシマは、日本政府が核廃絶を目指す国々との連携を強化することを求めます。

世界の流れとは逆行し、福島の事故も終息しないまま、
原発輸出しようとする日本国のあり方に釘をさした。

3.11の被災地に向けては
被災地の困難を知る広島市民は被災者の皆さんの思いに寄り添い、応援し続けます。
そして、日本政府が国民の暮らしと安全を優先した責任あるエネルギー政策を
早期に構築し、実行することを強く求めます。

テレビ中継を見ながら、沖縄のおかれている状況に思いを重ね、思わず拍手した素晴らしい平和宣言だった。涙が出た。

原発は、もう一つの核爆弾」だと、私は思う。

それにしても、広島市長の後に登壇した安倍総理の、官僚が書いた文章をただ読み上げるだけの
魂のないあいさつは、白々しい言葉がむなしくヒロシマの青い空に消えていった。

DSCN0245

<迷彩服に身を固め、戦車の上から自衛隊(将来の国防軍)の指揮をする安倍総理。彼が憲法を変えて目指すのはこれである>

 

また、9日、長崎市長も平和宣言で安倍政権の憲法改悪、原発再稼働、原発輸出、核拡散防止条約への署名拒否をなどあげ、「世界の期待を裏切り、被爆国としての原点に反する。日本政府には、被爆国としての原点に返ることを求めます」と二度も繰り返し、明確な言葉で、戦争への道を突き進む国の政策を批判した。

 

2013年8月7日リンクURL

米軍ヘリ墜落~オスプレイ再配備に揺れる沖縄で

DSCN0344昨年10月に普天間基地に配備されたオスプレイによるさまざまな基地被害に悩まされ
怒りの抗議を続けている沖縄県民をあざ笑うかのように
去る8月3日、追加配備と発表された12機のうち2機が、抗議する私たちの頭上を通過して 普天間基地に到着した。

DSCN0290DSCN0309

DSCN0314

 

残り10機がやってくるとされていた昨日、
抗議行動の集会が開かれている最中に
「宜野座村で、米軍ヘリ墜落」の情報が伝えられた。

 

墜落現場~近くの住民撮影

墜落現場~近くの住民撮影

県民が恐れていたことが現実となったのだ。

米軍の発表では、
訓練中のヘリが、米軍基地・キャンプハンセン内の森林に墜落
搭乗していた米兵4人のうち3人が救助され病院に運ばれ、
一人が行方不明とされている。

墜落現場は、基地内とはいえ、一番近くの民家までわずか2キロ、
1~2秒差で惨事となる状況である。

昼夜を問わず、毎日頭上を飛ぶ米軍機の爆音と墜落の恐怖におびえる
住民の不安が的中する形となった。

DSCN0346

DSCN0345

<ヘリ墜落を伝える今朝の新聞>

奇しくも今日は広島原爆の日

広島市長の平和宣言が胸に沁みた。

改めて、平和の祈りをささげた。

2013年8月6日リンクURL

参院選~沖縄から

合点ならん4.・28県民大会

合点ならん4.・28県民大会

全国から投票ができる比例区に立候補している
「山シロ博冶」さんとは!

彼が高校の2年生だった1958年、
米軍のジェット機墜落事故や、米兵の性暴力事件などが立て続けに起こった。
( 当時のことを話すとき、いまだに山シロさんは怒りと悔しさに涙し、声を詰まらせる)。

当時、生徒会長だった彼は、生徒たちに呼びかけ
抗議集会へ参加したり、校内でハンガーストを行い
そのことが原因で高校を退学処分となる。

しかし、そんなことでひるむ山シロ博冶ではなかった。
大検を受けて高校卒業資格を取得し大学進学を果たし
卒業して県庁職員となる。

ヘリパット建設に反対して住民が座り込む~東村高江

ヘリパット建設に反対して住民が座り込む~東村高江

公務員としての出世には目もくれず、一貫して労働組合活動を通して 平和運動の現場で先頭に立ってきた。
現在は、沖縄平和運動センターの事務局長を務める。

基地建設に住民が反対して闘ういくつもの現場で
常に先頭に立つ彼の姿がある。

勝手に山シロ博冶応援団長を名乗る辛淑玉(シン・スゴ)さんは、  応援の弁をこう語っている。

≪「山シロ博冶」は、米軍機の墜落を目の当たりにして育ち、高校生の時にはすでに小さな体で国家と対峙していた。インテリの子供ではない。沖縄の現実が、農家の息子を政治の舞台に押し出したのだ。オスプレイ阻止闘争の映像の中に、もみくちゃにされている山シロ博冶の姿がある。その姿はまさに、大地に根を下ろした農民の姿だ。
 先日オバマ大統領は国防大学の講演で「無人機による誤爆で人を殺すことも、テロとの戦いを終わらせるための”リスクの一つ”だと語った。
 ふと、山シロ博冶が目の前でこの言葉を聞いたらどう反応するだろうかと思った。彼は誰もわからない意味不明の声を上げるかもしれない。そして、泣くだろう。殺されゆく命に対して、泣き崩れるだろう。
 泣きながら、あの小さな体で、無人機の引き金を引く部屋になだれ込み、その手にかじりつくだろう。振り払われても、振り払われても、しがみつくだろう。そして彼は、そのままブタ箱入りだ。しかし、それこそが、沖縄が継承してきた、現場での闘いなのだ。
 嘉手納、辺野古、高江と、丸腰の個人が、ゲートや建設車両や、掃海艇の前に立ちはだかって、国家の暴走を止めてきたのだ。山シロ博冶は、そのような沖縄の民衆の闘いが生んだ、民衆の政治家なのだ。
 どこかの「塾」を出てきた者たちのような口の巧さや、かっこいい着こなしなどない。雨の日も、土砂降りの日も、台風の日も、炎天下でも、彼は「人殺し」と向き合っている。
 そこにオバマとの違いがあり、オバマの腰巾着たち(日本の政治家)との違いがある。山シロ博冶は、殺していい命など一つもないと言い切れる、沖縄の魂の継承者だ。日本の国会の中に、彼が必要なのだ

2013年7月20日リンクURL