橋下発言~恥ずかしい日本

「戦地の兵士の休息のために、”慰安婦”は必要だった」と
日本軍「慰安婦」問題を肯定したうえに

「”屈強な兵士の性エネルギーをコントロールするために
沖縄の海兵隊は、もっと風俗を活用したら!”などと、
普天間基地の海兵隊司令官に提言した」と恥ずかしげもなく、
記者会見やツイッターで公言した日本維新の会の代表・橋下徹大阪市長。

人権を擁護する立場の弁護士でもありながら、                                戦争を遂行するためには、女性をモノとして扱うことを是とし、                        人権意識のかけらもない。
余りにも低レベルな発言内容にあきれ、驚き、憤慨し、
このような人が、政治家として人気が高い日本という国が恥ずかしい。

女性を侮辱しているだけでなく
「自分の性もコントロールできない」と言われているのだから
男性だって侮辱されていることに気付くべきだ。

「もっと風俗を活用したら」と進言された沖縄の海兵隊司令官
「海兵隊では買春は禁止されている」と、苦笑いしながら応え
それでもさらに「そんなきれい事では、海兵隊の性暴力事件は減らない」と
持論を展開する橋下市長に、
「もうその話題はよしましょう」と(呆れながら)彼の発言を遮ったという。

アメリカ国防総省の報道官も、日本のメディアの取材に対して
「オバマ大統領は米軍内の性暴力を無くすことに力を力を注いでおり、
米軍は買春を勧めていない」と報じている。

女性団体が記者会見し、抗議声明を発表

女性団体が記者会見し、抗議声明を発表

 

DVC00004.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄の女性たちは、中央政界の度重なる女性・沖縄蔑視の言動に怒り心頭!
幅広い女性団体が立場を越えて幅広く結束し

今朝10時から記者会見を開き、抗議声明を発表した。

 

 

 抗議声明

〜日本維新の会共同代表橋下徹大阪市長に強く抗議し、謝罪と、発言の撤回を求めます〜

2013年5月13日、日本維新の会共同代表である橋下徹大阪市長は記者会見のなかで、先の大戦での日本軍「慰安婦」の問題で、「当時は軍の規律を守るために必要だった」と「慰安婦」問題を容認することを表明しました。さらに、普天間飛行場を視察した際に在沖米軍幹部に対し、「海兵隊の猛者の性的エネルギーをコントロールできない。建前論だと人間社会はまわらない」との理由で、風俗業者の活用を進言したとも発表し、その後も「兵士の性をどうコントロールするかはいつの時代も軍のオペレーションとして最重要課題だ」と重ねて軍が風俗業を利用するよう繰り返しました。

こうした橋下市長の発言は、「本音だ」と繰り返すことで、あからさまな差別を正当化するものであり、女性のみならず男性、そしてすべての人間の尊厳を傷つけるものです。わたしたちは驚き、呆れ、また心底から怒っており、看過することはできません。
真実と真理を黙らせることは出来ません。国家や戦争を正当化するために、事実を都合良く取捨選択したり、歪曲することを、わたしたちは認めません。

わたしたちが知っている真実とは、日本軍によって強制・管理された「慰安婦」が存在したこと。戦中も戦後も、「慰安婦」を利用すればよいと発言する人がいたこと。「慰安婦」が過酷な暴力に晒されたこと。その苦しみが今日なお続いていること。

わたしたちが知っている嘘とは、男性は性欲がコントロールできないという、レイプを正当化する神話。性産業で働く人は「欲求のはけ口」になるのを自ら認めているという神話、あるいはそうされても仕方がないという神話。誰かの性を犠牲にすることで護られる「貞操」という神話。

わたしたちが長い時間をかけて掴みとった真理とは、セクシュアリティの破壊は、人間の身体と精神に加えられる深刻な暴力の一形態であり、戦争の戦略として使用されてきたということ。それはすべての性に起こるということ。戦時であっても平時であっても軍隊とは構造的な暴力装置であること。

今なお癒えることのない戦争の傷と、押しつけられた軍隊の日常の暴力のなかにある沖縄から、そして戦争と軍隊を拒否する沖縄から、橋下発言に対し、強く抗議し、謝罪と、発言の撤回を求めます。

2013年5月15日

<沖縄県女性団体連絡協議会、アイ女性会議、新日本婦人の会、ジェンダー問題を考える会、基地・軍隊を許さない行動する女たちの会、沖縄戦と日本軍「慰安婦」展実行委員会、オキスタ107,しんぐるまざーず・ふぉーらむ沖縄、沖縄子どもを守る女性ネットワーク、合意していないプロジェクト、北京JAC沖縄、沖縄県労連女性部、沖縄県チェジュ会、沖縄県母親大会連絡会、沖縄県女性の翼の会、沖縄県母子寡婦福祉連合会、自治労沖縄県本部女性部、沖教組女性部、高教組女性部、沖教組退職者の会、沖縄県華道研究会、生活共同組合コープ沖縄、人権意識を育てる会、女性議員有志>

 

地元メディアの関連記事はこちらから

琉球新報

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-206603-storytopic-1.html

琉球朝日放送
http://www.qab.co.jp/news/?p=43208&print=1?TB_iframe=true&

2013年5月15日リンクURL

がってぃん ならん!

 

がってぃんは<合点>
合点できない、納得できないの意
それだけではなく、そこには、「絶対に許せない」という強い気持ちが込められている。

政府が開催した「4・28主権回復の日記念式典」に抗議して
沖縄県民が開いた集会の合い言葉である。

がってぃんならん 4・28大会

ゴールデンウィークにもかかわらず1万人以上の人々が詰めかけた。
会場に入りきらない人々が、周辺の広場や木立の影で暑さをさけながら、会場からもれてくるマイクの声に耳を傾け、拍手を送っていた。

DVC00233.JPG

 

 

壇上に顔をそろえた発言者たちから

次々に、語られる「日本」の「沖縄」に対する理不尽な仕打ち。

辺野古を抱える名護市の稲嶺市長は

「”ならんしぇならん(ならぬことはならぬ!)と声を上げよう。DVC00238.JPG

黙っていることは、認めることなる」

 

女性代表の伊志嶺雅子さんは

「4・28で切り捨てられた沖縄で、

米兵に辱めを受け、傷つけられ、殺された女性・子どもは多数にのぼる。DVC00241.JPG

しかし、米軍の占領下では、加害者の米兵は処罰されることはほとんどなかった。

許せないのは、この情況が今でもほとんど変わらないことだ

 

父親が集団自決の生き残りという座間味村の村議会議長の中村秀克さんは

「復帰後、同級生の母親が米兵の車にひかれて死亡したがDVC00235.JPG

加害者の米兵は無罪になった。

今も差別的な安保条約・地位協定が残っている以上、

日本は主権国家ではない。

 

戦時中、学徒動員され看護隊として日本軍傷病兵の手当に従事した

白梅学徒隊の中山きくさんはDVC00243.JPG

「この同じ時間に政府の式典が行われていることに

不条理と無念さを感じている。

61年間の沖縄の苦悩を全く顧みない歴史認識を欠いた

心ない行為だ。これ以上の沖縄差別は許されない

 

若者代表、中部地区青年団協議会の若者たちは

4・28を知らなかった若者たちも壇上に

4・28を知らなかった若者たちも壇上に

「正直に言うと、4・28が屈辱の日と呼ばれるようになったいきさつを

知らなかった自分たちがいることにショックを受けた。

これを機会に、自分たちのような若者たちに

少しでもこの事実を知って貰いたいと、この壇上に上がることを決めた。

これからみんなで沖縄、日本の未来を考えるきっかけにしたい」

 

大会の模様を地元紙は、以下のように伝えた。(琉球新報)

DVC00234.JPG

地元紙の記事
(29日 琉球新報)

 

 

地元紙の記事 (29日 琉球新報)

地元紙の記事
(29日 琉球新報)

 

 

 

 

 

 

 

2013年4月30日リンクURL

沖縄は日本ではないのか!

「4・28 主権回復の日を祝う式典」が開催されるという。

この国は、「なんという国だ!」と、またまた思う。

戦後、米軍に土地を強制接収され作られた「普天間基地」

戦後、米軍に土地を強制接収され作られた「普天間基地」

 

「サンフランシスコ講和条約」と言われても多くの日本国民はなんのことだかわからないだろう。

第二次世界大戦が終わり、米軍の占領下に置かれた日本がこの条約の締結により、沖縄・奄美、小笠原を切り離し米軍に引き渡すことを条件に、
日本本土は独立・主権回復した日(講和条約が発効した日)が、
1952年4月28日である。

 

今年になってどんな思惑があってか
この日を「日本の主権回復の日」として祝賀式典を開催すると、政府が言い出した。

「4・28」は、沖縄にとっては、日本人としての主権を失った「屈辱の日」として
毎年、抗議集会が開催されて来たのだ。

基地に反対する県民大会

基地に反対する県民大会

かの4・28以来
住む家・土地は基地に奪われ続け、未だに故郷に帰れず、
人権は無きに等しく(米軍車両にひき殺されても、米兵に女性や子どもが強姦されても犯人は無罪放免)
危険な基地を沖縄に押しつけながら、日本の安全保障という欺瞞、傲慢。

あなたの裏庭に基地があったら、どう思いますか?

あなたの裏庭に基地があったら、どう思いますか?

いまなおオスプレイ、PAC3、新基地建設と軍事化が強行され続ける沖縄を尻目に
沖縄を切り捨てた日を「日本が完全に主権を回復した日」として祝うという。

それは「沖縄は日本ではない」という宣言に他ならない。

そういう人々に限って「尖閣諸島は日本固有の領土」などという。矛盾もいいところだ。

何でも米国のいいなり(対米追従)、安全保障も、TPPも、核開発(原発)も、外交も、
そんな日本が果たして独立国と言えるのか。

「主権回復の日を祝う式典」に沖縄県知事(自民党だけど)は出席しない。
全国47都道府県で、知事が出席するのは19都道府県(4割)のみ。
それでも強行する意図はどこにあるのか?
同じ日の同じ時間、沖縄では抗議集会が開かれる。

2013年4月26日リンクURL