オスプレイ墜落大破 名護市東海岸沖一キロ~県民の不安が現実に

p1040875<14日 琉球新報朝刊>

 第11管区海上保安本部などによると、米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが13日午後9時50分ごろ、名護市安部の沿岸部で墜落した。機体は大破し、プロペラや胴体が折れているのが確認できる。夜間訓練中だったとみられる。乗員は5人で、全員が海軍病院に搬送され、2人がけがをしたもよう。11管は巡視船2艇を出動させ調査している。本土復帰以後、県内での米軍機墜落事故は今回を含め48件。


オスプレイを巡っては県などが配備撤回を求めている。政府は同機種が拠点とする米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を進める計画で、北部訓練場の先行提供されているヘリパッドでもオスプレイが運用され、騒音被害が発生しており、今回の事故で県民の反発がさらに高まるのは必至だ。

在沖米海兵隊報道部は14日午前1時ごろ、リリースを発表。キャンプ・シュワブ沿岸部の浅瀬に「着水」した。事故原因は不明。所属は普天間の第36海兵航空群。嘉手納基地所属のHH60救難ヘリが救助した。第3海兵遠征軍も13日夜、短文投稿サイトのツイッターで「沖縄の沖合でMV22の事故が起きた」と投稿した。


県の池田竹州基地防災統括監は「政府は北部訓練場でヘリパッドを建設している。そこで使われる航空機が事故を起こしたのは間違いない。宜野座ではつり下げ訓練の問題があり、県民の不安が募っていた直後の事故だ」と述べ、事故の詳細を把握次第、抗議などを検討する考えを示した。

米軍普天間飛行場を抱える宜野湾市の佐喜真淳市長は「県民や市民に不安を与える、あってはならないことが起きた。極めて遺憾だ。だからこそ一日も早く普天間飛行場を返還してほしい」と述べ「詳細を確認しながら対応したい」と話した。

 県には13日午後11時半ごろ、沖縄防衛局から事故の連絡があった。一方、事故の詳細は伝わっていないため、県は14日早朝から対策を協議する。14日琉球新報より抜粋>

p1040882

墜落したオスプレイは、真っ二つに割れ、大破したにもかかわらず、米軍は「墜落ではなく、あくまで不時着」と発表。NHKも昨夜のニュースから不時着と報じたが、地元新聞(新報、タイムス) は第一報から「墜落」報道している。墜落を不時着とすることで事故を矮小化することは許されない。

墜落現場は名護市の安部集落からわずかしか離れておらず、一歩間違えれば大惨事になるところだった。

2016年12月14日リンクURL

ブーゲンビレア2題

まだまだ日中はクーラーがほしい沖縄です。
12月とは思えない日差しの中で、色を増すブーゲンビレアが美しい。

p1040776<赤瓦とのコラボも絶妙。二種類の色のブーゲンビレアが配されている>

 街で見かけた花々にカメラを向けながら、30分ほど歩いて事務所に向かうのが私の日課。いつもの道なのに、毎日新しい発見がある楽しい道草です。

p1040781 三階建の細長い建物を縁飾りのように彩るブーゲンビレア。白い壁をカンバスにした一枚の絵のようでもある。主の美的センスが偲ばれるのの、花々の美しさに触れるたび、自然の采配のなせる業に、人間の力なんぞちっぽけなものと、感じ入るばかりです。

 

 

2016年12月12日リンクURL

高江で県民集会 全国37か所で同時開催~今日(12月10日)の高江

那覇を午前5時に出発すると、東村にさしかかる頃、登り始めたばかりの日の出を迎える。身も心も洗われるような清々しい気持ちになり、今日一日いいでありますようにと、祈らずにはいられない。

p1040822 今日、平和市民連絡会チャーターの大型バスは満員御礼。6人も予約を断らざるを得なかったという。打ち続く国家権力の大弾圧に、どんなことがあってもくじけないという県民の思いが表れている。

p1040837

土曜集中行動日と県民大会が重なったこともあり、700名余の結集で、砂利トラックの侵入を阻止した。

p1040840 各市町村の島ぐるみ会議がバスをチャーターして、次々と集まり、11時、県民大会に切り替えられた頃には700名余の参加者となった。

p1040850

いち早く島ぐるみ会議を結成した北谷町、週一回の辺野古・高江座り込み行動が、この日100回目を迎えたという。

この日、高江・辺野古に連動し、東京はじめ大阪など11か所で、翌11日も含めると計33都道府県37か所で集会が開かれる。東京では3900人が参加したと伝えられた。

 

p1040859

高江から那覇への帰途、いつものように、山城博治さんはじめ仲間が不当逮捕・拘束されている名護署によって、激励行動を行った。

いまだがん治療中の山城さん、「足が冷えるので靴下がほしい」との要望で、家族が靴下を差し入れたところ、名護署がこれを認めないことに対し、みんなで抗議した。

161210_163210

DVC00010.JPG

DVC00009.JPG

p1040857 体の冷えが一番健康を害する。寒さが厳しくなるこれからの季節。一日も早く博治さんに、暖かい「くつ下を!」と、懸命に訴えた。

 

2016年12月11日リンクURL