ヘリ飛ばすな!沖縄の空は沖縄のもの~1月10日の辺野古

沖縄もこの冬一番の寒さに見舞われたこの日、私にとっては新年になって初辺野古である。

前日は、これまで最高となる283台ものダンプやミキサー車、工事機材を積んだ車両が入ったという。昨年暮れから米軍ヘリの事故が相次ぎ、ゲート前でも抗議の声に満ちた。

正月早々一週間に2度もヘリが民間地に不時着という事態に、さすがの機動隊も、少しは県民を守る立場に目覚めるかと思いきや逆だった。ますます弾圧的な態度が目立った。

福岡・日出生台で米軍演習に抵抗するメンバーが、平和のメッセージを携えてゲート前に。

「戦争レクイエム」

この絹布に描かれた作品は
ベンジャミン・ブリテンの音楽を
イメージしたものです

英国の作曲家ブリテンは徴兵を拒否し
戦後、かつての敵国同士だった
ソ連、ドイツ、英国のソリストを招き
このレクイエムを初演しました

描かれているのは108の戦戦没者の魂
108の煩悩 そして今の日本の 日の丸
この地に平和な日々が訪れますように
誰も殺すことなく殺されることなのない
時代が来ますように 

この芸術作品を撤去しろと、機動隊が「警告」。みんなで抗議すると10数名の機動隊がやってきて強制的に取り上げようとした。何が気に障るのか?

無駄な衝突を避けるため、市民らはこのバナーをゲート前に移動させた。

この日の機動隊は何かにいら立っているように見えた。今度はトイレ送迎車に「違法駐車、道交法違反」といちゃもんをつける。

続いて、帰宅する人たちを乗せた車(2台)を「ノロノロ運転だ」と強引に停車させ、免許証を取り上げようとした。これにも座り込みの人たちが強く抗議し、違反切符を切らせなかった。些細なことにあらゆる手段を講じて基地に抵抗する人たちを封じ込めようとしていることがありありだ。

辺野古の帰りに、宜野湾市石平の軍司令部前で行われた「ヘリ不時着の抗議集会」に参加。

「沖縄の空は沖縄のもの、米軍のものでも、日本政府のものでもない、ヘリ飛ばすな!海兵隊撤退!」と声を挙げた。

2018年1月11日リンクURL

反省はないのか!~相次ぐ米軍機事故

<1月7日琉球新報>

怒りを通り越してあきれてあきれかえる。米軍兵士の命だってかかっているというのに、米軍には反省の心はないのか!この一年ちょっとの間に、沖縄だけで20件以上の墜落、不時着、緊急着地、部品落下の事件事故を起こしている。

伊計島の海岸に不時着したヘリは、昨日(8日)機体を分解して、別のヘリで吊り下げ、近くの米軍基地へ運ばれたとの報道。

そして昨日は、読谷村の民間地域にまたヘリが不時着した。

<今朝(1月9日)の琉球新報>

年末に相次いだ幼稚園や小学校への部品落下事故から立て続けだ。いつ自分の家の屋根に、我が頭上に米軍機が降ってくるかと、県民は戦々恐々としている。

米軍にとって沖縄県民は、演習材料の一つにしか過ぎないのではないかと疑いたくなる。そして、それを容認し、まともな抗議一つできない日本政府の体たらくは、一国民として、悲しいとしか言いようがない。人身被害が出るまで何もしないつもりか!

2018年1月9日リンクURL

母子シーサーのお正月~どう!インスタ映えしてる?

お正月の松の内も今日まででぎりぎりだけど、今朝、国際通りにあるお土産屋さんのショーウインドーで見つけた親子シーサーです。

私がカメラを向けていたら、通りすがりの観光客らしき人たちが2~3組寄ってきて、写していきました。

「インスタ映え狙ったつもりだけど、どう?イケてる?」

 

2018年1月7日リンクURL