うちなぁぐち(沖縄語)しましょう!

 

最近では、方言とは言わず
うちなぁぐち」、もしくは「島ことば」といういい方が定着してきました。
言語学的にも、日本語の一部ではなく、沖縄語として認められているようです。

このところ、行政でも 窓口で「うちなぁぐち」を話せる職員を養成したり
せめてあいさつだけでもうちなぁぐちでと奨励する病院など公共施設も増えました。

 

昨今の若者たちは「うちなぁぐち」を使えることが、カッコイイと受けとめられているようですが、実はうちなぁぐち、ついひと昔前までは方言と呼ばれ、ダサイ、カッコワルイ言葉だったのです。

特に戦時中には、「方言を使う者はスパイ」と決めつけられ、
日本軍から処刑された沖縄の住民は数知れません。

戦後生まれながら、学生時代に「方言札」や「標準語励行」の洗礼をうけた世代としては
こういう時代が来るとは、夢にも思いませんでした。
隔世の感がします。

必要以上にナショナリズムをあおるのは好きではありませんが
何を隠そう私も、沖縄文化の原点である「うちなぁぐち」を愛する一人です。

私のこのうちなぁぐちへの想いは、                                      沖縄の伝統芸能であ「琉球舞踊」を40年近くやってきたことも大きいですが

もっと根っこに、おばぁちやん子として育ったことがあると
私自身は感じています。

祖母の腕枕で聞いた子守歌、
嬉しいにつけ、悲しいにつけ祖母が歌っていた民謡、
祝いの座で踊るカチャーシー(型のない自由舞い)、

私が悪さをしたときや、わがままを言ったときのお小言までが
即興の歌だったおばぁちゃんの姿が、身体の芯まで染みこんでいるのです。

うちなぁぐちを知らない人に沖縄を語るとき、
うちなぁぐちでなければ表現できない微妙なニュアンスがあって
相手に伝わらないもどかしさを 感じることがよくあります。

とは言っても、標準語励行世代の私は、うちなぁぐちが あまり流暢にはしゃべれません。
何それ?と言われそうですが
聞くことはほぼできるのです。
「英語で論文も書くが、英会話は苦手な日本人」をイメージしていただければ
納得していただけるでしょうか。

日本人は、以心伝心が得意だけど
言葉にしなければ伝わらないこともたくさんあります。
沖縄を知っていただくために
これから随時このブログで、沖縄の言葉、うちなぁぐち・島ことばの紹介していきたいと思います。

 

興味のある方は どうぞお付き合い下さい。

2013年2月15日リンクURL

旧正月

友人から「旧正月おめでとう」と携帯にメール年賀状が届いた。
「お正月の神歌を唄って元旦を迎えたよ」と書き添えてある。
彼女は、西表島の神歌を継承する、数少ない歌い手の一人。

 

けらまツツジが咲き始めた

近くの公園で、ケラマツツジが咲き始めた

年間のさまざまな伝統行事を旧暦で行う沖縄では、お正月も旧暦で行う地域がまだまだかなりある。

一年に二度もお正月があるので
旧正を「沖縄うちなー正月」、新暦の正月を「大和(ヤマトゥ正月」と呼び分けている。

今年の旧正月は2月10日。
今日は旧正3日目である。

旧正月が盛んな地域は主に糸満や伊良部島のような港町や、
サトウキビを作っている農村地帯、
または、久高島のように神行事の残る島々など。

都会地域に住む住人は、日常暮らしている場所で新正月をし、
ふるさとに帰って旧正月と、二度もお正月を祝うことも珍しくない。

子どもたちにとってはなんとも嬉しい二重正月、
だって、お年玉が二度もらえるんだもん!

私の田舎では、新正月だけになって50年以上になるが
それでもお正月の儀礼として
若水を汲み、その水でお茶を沸かし、お仏壇に供てから
家族で飲み交わし、一年の健康を願う習慣がある。

しかし、我が家では祖母が亡くなって(15年前)からは、それもなくなってしまった。せいぜい親族が集まって新年会をする程度である。なんとも味気ないお正月になってしまったもんだ。

♪もういくつ寝るとお正月♪~ ワクワクしながら指折り数えていた子どもの頃が懐かしい。

 

註:若水とは、元日の早朝、井戸や地域の泉から汲んだ水。若水を飲むと邪気を払い、若返る(生気を蘇生する)と言われている。

2013年2月12日リンクURL

さくら 咲く

那覇でもさくらが満開に。
今日は最高気温25度、
2~3日前まで三分咲きだったさくらが一気に満開になったようだ。

 

 

 

でも、今年のさくらの花つきは、ちょっと寂しい。
昨年夏、毎週のように立て続けに沖縄を襲った台風で
木が痛めつけられた影響がいまだに響いている。

 

 

 

それでも命を繋ぐため、懸命に咲く姿が愛おしい。

 

 

北部のさくらの名所本部や名護では

「さくら祭り」も終わり、もう葉桜になったと聞く。

沖縄もけっこう季節感あるよね。

2013年2月4日リンクURL