癒しのエネルギーワーク~キャパシター

”キャパシター”とは、スペイン語で「命を引き出す」という意味だそうです。

1988年、内戦終結後のニカラグアで傷ついた人々が、貧困、依存、トラウマ的ストレスに対処する中で、簡単なマッサージや体操によって、こころとからだの健康を、自分自身で保つことができるような方法を分かち合ったことから始まった技法だということです。

 

以来、世界各地の戦争や災害、性暴力などで苦しむ人々に、自らを癒す方法を伝えるワークショップを、世界44か国で行ってきたとのこと。

今日、午前10から午後3時まで、沖縄で初めて行われたキャパシターのワークショップに参加してきました。講師はキャパシターの創設者であり、心理学者で生命科学士のパトリシア・ケインさん。

内容は、ヨガや気功、指圧、太極拳など東洋医学の知恵と、タッピングなど西洋の医学理論を組み合わせ、トラウマからの解放やからだの痛みにの解消にとても効果的な技法として確立されています。簡単で分かりやすく、特に日本人にはなじみやすい健康法だと思います。

昼食を挟んで5時間のワークでしたが、あっという間に時間が過ぎていました。

<↑キャパシターの創設者・パトリシア・ケインさん。70歳とは思えないつやつやピカピカのお肌が印象的でした。先週ニカラグアから帰ったばかりで、沖縄でのワークの後は来週アフガンに行かれるそうで、元気に世界中を飛び回っている。>

キャパシターの特徴は、「上の者が下の者へ教えるのではなく、対等な立場で伝える。だから私は先生ではない。上下の関係で癒してもらうと、そこに依存が生じてしまう。自らを癒し、他の人も癒せることが大事」と、パトリシアさん。

昨日は辺野古、高江に行ってきたとのこと。「アメリカが世界中で戦争起こし、各地の紛争に加担していることが恥ずかしいと思い、自分にできることとしてキャパシターを始めたというパトリシアさん。

「米軍基地があることで、苦しみを受けている沖縄で、ぜひこのキャパシターが役に立ってほしい。広めてもらいたいと願っている」と、参加者に呼びかけていました。

2017年11月14日リンクURL

台風一過の酔芙蓉

我が家の庭の「酔芙蓉(すいふよう)」が満開です。

ちょうど枝いっぱいにつぼみをつけていたときに、台風が接近したのでつぼみがやられてしまうのではないかと心配しましたが、嵐にも負けず花開いてくれました。葉っぱは少々傷んでいますが…。

「酔芙蓉」、なまめかしい名前ですね。花が開き始める朝方は、淡いピンク色ですが、陽が当たるにつれてだんだんと赤みが増し、夕方には濃い紅色なって、しぼみます。

だんだんに紅色が濃くなる様子が、お酒を飲んで頬を赤らめていく女性の様子に似ていることから「酔芙蓉」と名付けられたそうです。

 

2017年11月11日リンクURL

今日(11月8日)の辺野古~嬉しい差し入れいっぱい!

このところ毎週水曜日はかなりの台数の工事車両に入られている。
今日も3回の排除で180台余が入ったうえ、不当逮捕もあった。

 座り込みの人たちに対する機動隊の対応が、ますます暴力的になってきている。この日私も右手首を強い力で押し曲げられ、「痛~い!」と何度も悲鳴を上げたら、ますます力を入れてきた。そのまま持ち上げられ50メートルほど運ばれたので、手首が折れるかと思うほど痛く、涙が出た。その暴力的なやり口には悪意を感じる。

 特に暴力的なのは特定の何人かの機動隊員である。彼らにとっては警察官として逮捕術などとして身に着けたものであるかもしれないが、辺野古に座り込む市民らは犯罪者ではない。このような不当な弾圧には断固抗議すべきだ。

 

今日も県外から多くの人たちが参加した。とくに「辺野古のケーソンを作らせない」活動をしている三重県の皆さん11人の参加は心強かった。「辺野古埋め立ての基礎工事に使うケーソンを作らせなければ埋め立ては進まない。沖縄に対して自分たちができるせめてもの活動である。多くの無関心な本土の人たちに広げる活動に力を入れている」とあいさつした。

今日は嘉手納町職労の皆さんによる、美味しい沖縄そばの差し入れがあり、熱々のお昼をごちそうになった。他にも毎週水曜日にバナナを差し入れして下さる人、焼き立てパンのお店からも定期的にいろいろな種類のパンが届く。心のこもった差し入れに励まされて、3度のごぼう抜きに耐えた。

不屈の座り込み1221日目の辺野古からでした。

2017年11月9日リンクURL