ゆし豆腐つくりました!

沖縄県民のソウルフードの一つ・ゆし豆腐
豆腐を固めるまえのゆるゆるの状態でいただく、心にも身体にも優しい沖縄の郷土食。

京都では「おぼろ豆腐」というようです。

DVC00105.JPG

 

12月のある日のこと、地域活動の一環でゆし豆腐づくりを指導している親戚のおばさんがいらして
「繁多川の公民館祭りで、ゆし豆腐作るから、遊びがてらいらっしゃい」と誘っていただいた。

DVC00060.JPG

かつては豆腐は冠婚葬祭のときに、家庭でつくるものでしたけどね。

なぜか山羊さんの一家もいて…。
(今年は羊年、ベトナムでは山羊年だそうです)

 

 

 

まずは、前の晩から水につけふやかしておいた大豆を
昔ながらの石臼で挽きます。

DVC00081.JPG
近くの保育園の子どもたちが、おじいちゃん、おばあちゃんと豆挽き体験。

DVC00077.JPG上手!上手!
私も、子どもの頃、祖母と向かい合って大豆を挽いたことを思い出して
ちょっぴりホロリ!

できた豆汁を布袋に入れてこします。木綿の袋だと木綿豆腐、絹だと絹豆腐。沖縄では基本的に木綿豆腐です。

DVC00102.JPG DVC00101.JPG

 

 

 

 

 

 

 

この作業は結構力のいる仕事でした。 二度こしするのがなめらかでおいしいゆし豆腐を作るコツだそう。

こし袋に残った絞り粕がオカラ、絞り汁が豆乳(生)です。

DVC00065.JPG

 

二度こしした豆乳を大なべに入れて中火で煮る。

DVC00063.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

豆乳が温まりグツグツいってきたら弱火にして、しばらく(3分ほど)したら火を止め、水に溶かしたニガリを、撒くようにいっきに入れ、軽くかき混ぜると、豆乳が固まってきます。

DVC00091.JPGゆし豆腐の出来上がりです。

これを木枠にいれて水分を抜くと豆腐になります。

因みに、豆腐を固めるのに、いまどきはニガリを使いますが、かつては海水でつくったものです。  もし、近くできれいな海水が手に入るなら、そのほうが絶対に美味しい。お試しを。          (自然な優しい塩味が何とも言えない美味しさです)

DVC00096.JPG DVC00095.JPG

お椀によそったゆし豆腐にお塩で味をつけ、刻んだネギちらして
おイモと一緒にいただきます。

この日は、公民館まつりとあって、訪れた150人ほどの人たちにゆし豆腐がふるまわれました。

<おからクッキー>

<おからクッキー>

残ったオカラは、もちろん卯の花にしたり、オカラ入りケーキやクッキーにと、捨てるところはありません。

親戚の叔母さんから、家庭でも簡単にできる「ゆし豆腐づくりセット」を頂戴しました。こし袋、ニガリ、作り方マニュアル、ご丁寧に大豆までついています。

家庭でつくるには、上記の手順のうち石臼で挽くところを、ミキサーにかえるだけ。意外と簡単にできます。

DVC00001.JPG

🙂 💡

ところで、このゆし豆腐作り、先人の暮しの知恵を後世に伝える活動として、各地域で結構行われているものですが
でも、繁多川公民館のゆし豆腐づくりは、ただのゆし豆腐ではありませんでした。

沖縄在来種の大豆「オオヒグー」を種から植えて収穫し、ゆし豆腐をつくっているのです。

市販の大豆と比べるとかなり小粒のオオヒグー

市販の大豆と比べるとかなり小粒のオオヒグー

 

ただ、普通の大豆より小粒で、収穫量も少ないので、まるまるオオヒグーだけでゆし豆腐を作るほどには生産されていないと言うことです。

「オオヒグー友の会」の皆さんが各家庭で作った豆を少しずつ持ち寄り、市販の大豆に一割ほど混ぜてゆし豆腐を作っています。

市販の大豆だけのゆし豆腐と、オオヒグーを入れたゆし豆腐の味比べをさせて頂きましたが、 うん!確かに味が濃い、というか深い感じがしましたね。

そういえば、繁多川は昔から美味しい豆腐の産地として有名な地域です。その秘密はこのオオヒグーだったんですね。

在来種「種」を守り育てていくことは、とても大事なことです。食べ物は地産地消、身土不二が原則なのに、今はそれが難しい変な時代になっていますよね。私も種を分けていただいたので植えてみたいと思います。収穫できたら一部お返しするのが友の会のルールだそうです。収穫できるといいなぁ。さぁ!モンサントに挑戦だ!!

鍋の豆乳が煮立つまでの間を利用して、「オオヒグー友の会」のおばあちゃんたちと、子どもたちが一緒に「ゆし豆腐音頭」を踊る場面もありました。

ゆし豆腐音頭だよ♪

ゆし豆腐音頭だよ♪

 

なんだか心がほっくりしたのは、暖かいゆし豆腐のせいだけではないですね。
いい一日でした。

2015年1月20日リンクURL

「女の平和」赤く国会を囲む

1月17日、集団的自衛権の行使容認や改憲に反対して赤のファッションを身に着けて国会を囲む「女の平和」ヒューマンチェーン(人間の鎖)が行われた。

およそ7000人が手をつなぎ、戦争への道をひた走る阿部政権レッドカードを突き付けた。

IMG_9411 (1024x768)

DVC00025.JPG

DVC00026.JPG

DVC00022.JPG

DVC00028.JPG

DVC00032.JPG

IMG_9463 (1024x768)

 

1時から2時はリレートーク、2時から3時はリレートークをはさみながら、4回にわたって手をつなぎ、

「女たちは、集団的自衛権の行使を認めません!」
「女たちは、人を殺しあうのは嫌です!」
「女たちは、よその国の戦いに加わりません!」
「女たちは、だれ一人戦争に行かせません!」
「女たちは、憎しみと戦いを拡大させません!」
「女たちは、差別をなくし自由を守りそだてます!」
「この国の主権者はわたしたちです!」
「阿部政権にレッドカードを突きつけます!」と声を上げた。

「女の平和」・赤い人間の鎖は、1970年代に女性の人権と地位の向上を求めて、北欧アイスランドの女性たちが赤いストッキングをはいて活動し、80年代に女性大統領を誕生させるなどした運動に学んだもの。

赤は、情熱の赤、怒りの赤、変革の赤、エネルギーの赤!
最終的には、2重~3重の赤い鎖で国会を取り巻いた。

上記のタイトルは、18日付の東京新聞の見出しである。
東京新聞は一面と、社会面も2ページにわたって、女性たちの行動を特集した。
しかし、他の大手新聞や、テレビは全くの無視か小さな扱いだった。
外国での3000の人民主化デモはニュースになっても、
国内の7000千人の、国策に反対する訴えは取り上げられないのが、今のこの国の姿である。
いつか来た道への靴音が次第に大きくなっていくのを感じる。

今週、24日(土曜日)は、辺野古の新基地建設に反対して
今度は青い鎖で国会を包囲する。

2015年1月19日リンクURL