杖はついても、車いすでも ~ 今日5月30日の辺野古

梅雨入り宣言から一月近くになるというのに、雨らしい雨が降った日は一日もない沖縄。(離島などでは給水制限の話さえ出ている)炎天下のゲート前座り込みはかなり体力を消耗する。

辺野古へ行く予定の日は天気予報が気になる。冬の雨の中での座り込みも辛いが、夏の沖縄の太陽直下もかなり厳しい。少し雨が降ってほしいと願うが、数日前の天気予報では雨マークだったのに当日はカンカン照り、そんな日が続いている。

午前7時半過ぎゲート前に着くと、追っかけるように警察車両が座り込みテントの前を通り、基地の中へと消えていった。見上げると、キャンプ・シュワブの上空は、雲一つない青空が広がっていた。

辺野古ゲート前の座り込みは、今年7月1日で丸4年となる。その間には亡くなられたり、病に倒れたり、高齢になり来たくても来られなくなったりした人も少なくない。

そんな中で、杖をついても、車いすでもやってくる方も大勢いらっしゃる。同じく、90歳でも、95歳でも来る意志のある方はやってくる。30日もそんな方が3人もいらした。

そういう方々を目の当たりにすると、普通に元気の自分は、遠いから大変とか、暑いのがつらいなど言っていられなくなる。

遠くと言えば、この方はニュージーランド在住。20代に沖縄の海に魅せられ、以来沖縄の離島などを回っているという。「こんな貴重な海を埋めるなんてとんでもない」と怒った。

この方も遠くキューバから。生まれは沖縄だが県外育ち、キューバの海にほれ込んで現在キューバ在住。「故郷沖縄を失いたくない」と、辺野古へ通っている。

 

この方は県外から。現職の高校教師で演劇部の顧問。辺野古へ通う中で「対馬丸」のことを初めて知り、一年前、このテントの下で脚本を書き始めた。「学童疎開船・対馬丸」をテーマにした演劇を書き上げた。高校演劇コンクール県大会,地区大会で優勝、全国大会へ進み絶賛されたという。「ここ(辺野古)で小さな種がまかれ、全国へ広がっている」と、座り込む人々を励ました。

          <メインゲートでも軍車両の出入りに抗議の声を挙げる。

今日(30日)も3度ごぼう抜きにあい、315台のトラックやコンクリートミキサーが基地内に入った(そのうち193台が岩石を積んだダンプカー)。最近は毎日200台以上の砕石を積んだ10㌧ダンプが入っているが、この日は久々に100台に落ちていた。それは国頭村半地の国場組の採石場で18人の地域住民が早朝からダンプの運転手への「説得活動」が行われ、朝の一回目は一台も出なかったことが原因だったとのこと。県警のパトカーが1台来たが、集団からはずれていた1人を道交法違反で逮捕しダンプカーは出さないで直ぐ帰ったことから逮捕が目的だったと思われる。

この日は塩川港からの搬出はなく、大浦湾での作業もなかったと報告された。ただ、辺野古側の浅瀬の海での護岸工事は行われ、抗議船・カヌーでの抗議行動が行われた。

なお、平和市民連絡会のバスは、辺野古の帰りに名護署に立ち寄り、不当逮捕に抗議をするとともに、逮捕された仲間を激励した。

辺野古ゲート前に来ることだけが沖縄の抵抗運動ではないことはもちろんだ。「できる人が、できるときに、できるところで、できることをする」辺野古の合言葉の一つである。

 

2018年5月31日リンクURL

もう貝だって黙っていられません~大浦湾の貝類の話(講演会)

(今日、辺野古でこんなチラシが配られました。講演会のご案内です)

もう、貝だって黙っていられません。私の名前は「サンゴウラウズ」。世界に一属一種、大きさ3センチくらいの小さな巻貝です。世界でも辺野古の大浦湾でしか見つけられません。一属一種と言うのは佐渡のトキ、やんばるのノグチゲラとおなじ貴重な存在です。

(貴重なのは)、私だけではありません。辺野古の大浦湾には少なくても、1000種を超える私(貝)の仲間たちが住んでいます。20002年、2006年の調査で、この海域で8種類の日本では初めての貝が確認されました。

狭い地域に、多様な環境を持つ辺野古沿岸地域・大浦湾は、沖縄の貝類の典型的な生息環境をセットで再現できる貴重な海なのです。

私たちの住むこの豊かな海に毎日、10㌧トラック400台分もの砕石が投下されています。苦しいです。助けてください。止めてください。

 

昔、「私は貝になりたい」という映画があった。知っている方は70代以上でしょうね。ここで詳しく説明している余裕はないので、気になる方はネットで調べて下されば、このチラシの出だしのことば「もう、貝だって黙っていられない」の深い意味が伝わるかと思います。

こんなに美しい大浦の海。ここに活きる数えきれないほどの貴重な命が消し去られ用として   いる。

 

2018年5月30日リンクURL

あでやかアデニューム

我が家に来てから30数年のアデニュームの一鉢。大して手入れもしてなくて、ただ水をかけるだけで手がかからないのに、毎年あでやかに花を咲かせてくれます。

   (5月28日現在、すでに満開を過ぎて、散り始めています)

 

一般的に日本で流通しているのが、「アデニウム・オベスム」という種類で、原産国はアフリカのケニアや、タンザニアだそうです。そのため別名「砂漠のバラ」とも呼ばれています。赤やピンクのあでやかな花をさかせ、個体によって花の形状や色もいろいろあるようです。

花言葉は、ロマンスのある「一目惚れ」ですって!んんっ…経験不足で、どんな情景かはちょっと説明が難しいですね。すみません。

 

三週間前はこんな感じでした。

ネットで調べたところによると、旧約聖書に登場するエデンの地は、もともと「エデン」がなまって、後に「アデン」と発音されるようになったと言われ、幻とされていたエデンの地は、ここではないかといわれています。

エデンに咲いていた花は、アデニウムかもしれない?と、考えると、とてもロマンが拡がりますね。

 

2018年5月29日リンクURL