修学旅行で琉球舞踊の鑑賞会

沖縄には修学旅行の中・高校生がたくさんやってきます。

異国情緒と国内唯一の亜熱帯気候が育む自然、そして歩んできた歴史の違いが生んだ独自の文化を持っていることが、修学旅行先として選ばれる沖縄の魅力となっています。

広島のある高校が修学旅行のスケジュールの一つとして、毎年、琉球舞踊(芸能)の鑑賞会を行っています。15年ほど前から、この鑑賞会のお手伝いとして、司会・解説をさせてもらっています。

              <琉球古典舞踊女踊り かしかけ>

修学旅行で琉球舞踊の鑑賞?と思う方もあるかもしれませんが、私はこの学校の見識の高さに敬服します。なぜなら踊り(芸能)を通してその土地のあらゆる側面を伝えることができるからです。

一つの踊りを舞うのに、着ている衣装は伝統工芸であり、数百曲もある独特の音楽、歌詞は文学であり、その歌詞に盛り込まれた風土、人々の暮らし、その背景にある歴史から政治平和の問題まで語れるのです。まさに総合芸術です。

                   <琉球古典舞踊 男踊り ゼイ>

                 <三線と太鼓で琉球民謡>

                    <雑踊り むんじゅる>

                  <雑踊り 鳩間節>

最後は、見る側(高校生たち)も、鑑賞するだけでなく一緒に楽しむのが沖縄の芸能、カチャーシ-をみんなで踊ります。

 

 

 

 

 

締めくくりに高校生たちは、お礼の言葉としてこんな感想を述べてくれました。「優雅で美しく、そして楽しい沖縄の芸能を味わうことができました。沖縄は、歴史的にも現在も苦しい大変なことがたくさんありますが、このような歌や踊りが人々の暮らしの中に活きていることで、自らを励まし苦しさを乗り越えることができているのではないかと感じました」

こちらが言いたかったことを、若者たちはその柔らかい感性でしっかりと受け止めてくれたようです。

 

 

2017年10月21日リンクURL

小さな学校の大きな感動を呼ぶ 最高の運動会

先日、所要があって渡嘉敷島へ行ってきました。たまたま島の幼稚園・小中学校の運動会が行われていたので、1時間ほど覘いてきました。

私も小中学校をこの運動場で運動会をしてきたのでとても懐かしい場所です。私たちの頃は、と言ってももう50年以上も前のことですが、運動場の入り口のアーチは、イタジイの枝を山から切り出してきてつくった、父母たちお手製の野性味あふれるアーチでした。 

私が覘いたときは、ちょうどチーム対抗リレーの真っ最中。離島の小さな学校なので、学校行事も村中が総出で参加します。会場にはシルバー席なるものが設けられていて、在校生がいないシルバーさんたちも子どもたちに、一生懸命声援を送っていました。

シルバー席も応援でハッスル!ほとんどお婆ちゃんばかりですけどね。私もその一人です。因みにプログラムはこんな感じです。

三歳未満のちびちやんたちのかけっこは、走る前から泣き出したり、お母さんから離れない子、元気に飛び出す子といろいろで、微笑ましい光景が展開。子どもは泣いても笑っても、怒っても可愛いですね。

大人も見て応援しているいるだけではありません。ラグビーボールをバトン代わりに職域対抗リレーが楽しそうでした。

運動場はできてから90年近くなりますが、見事な400メートルトラックを備えた立派なグランドです。

<小学生の玉入れ競争>

幼稚園児のお遊戯>

<空は青く、高く澄みわたり、100点満点の運動会日和>

運動会テーマが、またいいですね。                                            ~広がる感動 一人一人が輝く 最高の運動会~

2017年10月9日リンクURL

やんばる・高江の森 観察会に行ってきました‼

                          <リュウキュウハグロトンボ>(荒川川の沿道で)

多くの県民の反対を押し切り、手付かずの原始林を破壊、国がオスプレイ訓練のための着陸帯を建設したやんばるの森は、世界的にも有数の生物多様性豊かな森です。

この一帯は、亜熱帯の自然林と渓流が良い状態で保たれ、多様な生物の生育地、生息地となっています。ここでは、4000種類を超える極めて多くの野生生物が確認されています。やんばるの固有種(この地にしか生息していない)は植物が12種、動物が11種記録されています。レッドデータブックに記載された動植物も、沖縄版で188種、環境省版で177種と、高江を中心にやんばるの森は、多くの固有種、固有亜種、絶滅の恐れのある種を含む生物多様性に富んだ森なのです。

高江へのヘリパッド建設がいかに多くの動植物に影響をもたらしたのか、その一端でも垣間見れたらと、この観察会に参加しました。(8月22日・火) ガイドは蝶の専門家・アキノ隊員こと宮城秋乃さんです。

                    <観察会講師:宮城秋乃さん(蝶の専門家)

 荒川川沿いの林道を入ってすぐに小さな湧き水の水溜まりがあり、アキノ隊員の指摘によりよく観察すると、水深1センチもないような何気にない水溜まりにオタマジャクシやトンボの幼虫・ヤゴ、カタツムリ他、小さな生き物がいっぱい!リュウキュウハグロトンボの雌雄が一緒に飛びながら水面に卵を産み付けている様子も観察できました。

カメラワークが下手で、ピンボケになってしまったけど、カタツムリ2種。

←緑色のカタツムリはアオミオカタニシ。殻は透明で、内臓が緑色なので、緑のカタツムリに見えるのだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもピンボケでごめんなさい!沖縄のどこにでもいるキノボリトカゲ。アキノ隊員に捕まえ方を教えてもらい、何人かがチャレンジしました。

沖縄は蝶の天国と言われています。乱舞する蝶・リュウキュウアサギマダラの群れを写したつもりですが、うまくとらえきれていません。ザンネン!!

       <枯れ木にあいた穴は、ノグチゲラが餌をとるためにあけたものだそうです>

アキノ隊員の説明で印象的だったのは、一本の枯れ木の物語。イタジイの老木が枯れたまま立っていますが、森の生物たちにとってはこれが貴重な住処になったり、ここを住処とする昆虫を餌にする鳥がいたり、やがて朽ち果て土に返るまで十数年も、たった1本の枯れ木が「何十種類もの多様な森の生き物たち」を育むのです。

「そういう意味では、オスプレイパッド建設のために何万本もの木々が切り倒され、山肌がむき出しにされたことが、森の貴重な生物たちに与えた影響が、いかに甚大なものか、はかり知れません」。と、悔しそうに語るアキノ隊員。

清水が流れる荒川川。子どもの頃フナやウナギを釣ったり、エビをとったり、洗濯をしたりした慶良間の川を思い出しました。見覚えのある貝や手長エビ、カニ、小さな魚たちがたくさん息づいていました。

                今回やんばる・高江の森観察会に参加した面々です。

 

2017年8月28日リンクURL