「黄身の白い」卵

「黄身の白い卵」と言われても、ちょっとピンとこないですよね。実は友人から卵をいただいたので、料理しようと思って割ったら、黄身が白いのです。思わず「えっ!」って叫んだくらい。

これです。

なんで黄身が白いのか? はじめは欠陥卵かと思いました。「ニワトリの餌にカルシュウムが足りないと黄身が白っぽくなる」と聞いたことがあったからです。

でも白っぽいというより、ほんとに白身と区別がつかないくらい白いのです。この卵をくれた友人に聞きました。
すると、何と欠陥どころか貴重で特別な卵だったのです。

アレルギーのある人や、健康志向の人たちの間で今流行りのグルテンフリーの人たちのために、一般的な養鶏用の餌ではなく、お米を餌に育てた鶏の卵なのだそうです。

この写真だと、少しわかりにくいのですが、

 

普通の卵と比べると、とてもよくわかりますね。
それでも、生だと「白い黄身」(ややこしい!)とは言うものの、白身が透明なので白身と黄身の区別がつきますが、

熱を通すと白身が固まって白くなり、「白い黄身」と「白身」の区別がつかなくなるのでは!と思って、目玉焼きにしてみました。比較のために普通の卵と並べて。

いかがでしょうか?

「やっぱり黄身は黄身らしく、きれいな黄色の方がおいしそうだなあ」と言うのが、私や私の家族の感想です。

ちなみに味は、普通の卵とほとんど変わりませんでした。(味が淡白で卵臭くなく、食べやすいという意見もあります。ゆで卵にすると味の違いが分かりやすいそうです)

2018年7月11日リンクURL

おきなわBOOK KAFE & HOLL ゆかるひ

先月、友人が ちょっといい感じのカフェをオープンししました。
場所は、那覇市久茂地の国際通り近く、いま最もにぎやかな繁華街のど真ん中にあります。
その名も「ゆかるひ」:”いい日、佳き日”という意味の沖縄語です。

p1040196<ビルの3階にあり、エレベーターを降りると、こんなオブジェが迎えてくれます>

p1040197<正面玄関>

p1040195

p1040192

店名の冠にある通り、沖縄に関する本を中心に、オーナーが、もともと絵本屋さをんしていただけあって、あれもこれもと読んでみたくなるような本が並んでいます。店内で読むもよし、買って帰るもよし。

p1040191

p1040206カフェですから、もちろん美味しいコーヒーのほか、自家農園(長野在)のリンゴジュース、おやきなどが自慢のメニューが並んでいます。

p1040200

p1040203<流木と和紙のアート>

p1040199沖縄の工芸品ななど、よき品々を紹介する使命感も持ったオーナーさんです。

p1040202 さらにユニークなのは、ミニ舞台付きのホールスペースがあります。オープンの時には琉球舞とコンサートが行われました。

p1040204 ホールは、60人程度の観客を収容できるスペースがあり、コンサートはじめ、会議、展示会、各種ワーク、イベントなどに活用できそうです。

オーナーの野池道子さんは、長野にリンゴ園を持っているため、自家製のフレッシュなリンゴジュースやブルーベリー、おやき(信州料理)など、他にはないメニューが自慢です。

2016年11月21日リンクURL

「高江」の帰りに

「高江」のある東村はパイナップルの特産地。
N1ゲート前で座り込んでいると、目の前の国道70号を、収穫したパイナップルを満載したトラックが走っているのによく出会う。

トラックが通り過ぎた後に、熟したパイナップルの甘酸っぱい香りが、風に乗って漂ってきて、一瞬疲れを忘れて幸せな気分になる。

新基地建設も、オスプレイパッドも、機動隊との対峙もなければ
これが、本来のやんばるの村々の、ささやかだけど平穏な日々の暮らしの風景だったはずだと、思いが廻る。

p1030963 昨日、「高江一斉行動」に参加した帰り道、高江の共同売店に立ち寄った。

p1030965
抗議行動で、地域の人々に交通渋滞など少なからず迷惑がかかる。
地域の人たちが運営する売店で買い物をすることで、少しでもその地域に還元できるのであればとの思いである。

p1030967おいしそうなパイナップルが並んでいた。産地で買う採りたてのパイナップルの味は、また格別である。同じ沖縄県内でも、都市部のスーパーで買うのとは段違いと言っていもいい。

DVC00004.JPGみんな美味しいものには目がない。大人の顔よりも大きい。これが一個200円で~す。

高江に行ったら、ぜひ「高江共同売店」お立ち寄り下さい!

2016年9月15日リンクURL