アフリカのワトト(子どもたち)による歌とダンスとお話 You can Decide~あなたは決断することができる~WATOTO(ワトト)コンサート

「ワトト」ってご存知でしょうか。ワトトはスワヒリ語で子どもたちという意味だそうです。

ワトトは、ウガンダの親を失い、貧しさと孤独の中に活きている弱い子供たちをケアする団体の名称です。
エイズに感染した母親から生まれ、治療も受けられない貧困のため親から捨てられた子どもや、内戦によって親が殺され孤児となり、あるいは誘拐され少年兵として人を殺す訓練受けるという、幼いころからの恐ろしい苦難の中に生きてきた子どもたち…。

そんな子供たちの受難を知ったある宣教師夫妻が、1986年に立ち上げたのが「ワトト」のスタート。苦難の中でワトトの活動によって救われ、信仰を得ることによって神の愛を知り、教育を与えられ、人としての尊厳、誇りを取り戻した子どもたちが、今度はかつての自分のような弱い、貧しい子供たちのためにとワトトを広く伝える活動を、世界規模で展開しているのがワトトコンサートです。

20日(土)、読谷村の白い家フェローシップチャーチで開催されたワトトコンサートに誘われて行ってきました。赤ちゃんの時に路上のゴミ箱の中に捨てられていた男の子は、いまパイロットになる夢を抱きながらワトトの活動に生き生きと目を輝かせて参加しています。

エイズに感染した母親と共にワトトに救われた少女は、「将来何になりたい?」と聞かれて「大統領になって社会を変えます!」と断言、会場から大きな励ましの拍手が送られました。

 観客をも巻き込んで人間の尊厳と生きる喜びを歌い踊るワトトコンサート。観客も希望と勇気、元気を与えられます。 コンサートを活動を行うワトト・チルドレンズ・クワイヤは、 1994年以降世界中をまわり、5000万人とも言われるアフリカの、HIVエイズや貧困、その他の病により孤児となった子どもたちへの支援を訴えて活動をしています。

ワトトについては、http://www.watoto.asia/ja/about-us/the-watoto-story/検索してください。

今回のコンサートを主催した「白い家フェローシップチャーチ」はステキな教会でした。

まだ、クリスマスイルミネーションが教会を包んでいました。

2018年1月21日リンクURL

国際通り不発弾処理で一時封鎖

今日(20日)那覇のメインストリート国際通りが、不発弾処理のため一時封鎖された。

 戦後73年たっても、いまだ2000㌧以上の不発弾が地下に埋まっていると言われる沖縄の現実が、またまたあらわになった国際通りの封鎖。(午前10時20分、県庁前の交差点)

那覇市松尾の「国映館」跡地のホテル建設現場で発見された米国製50キロ爆弾の不発弾処理が、午前10時40分から発見現場で行われ、国際通りを含む半径166メートルが午前10時20分から約1時間封鎖された。

<青い屋根の2軒隣が、不発弾処理現場>

 この不発弾処理に伴い、発見現場周辺の一般世帯約1千世帯、ホテルや土産店、コンビニエンスストアなど約350事業所の計約2500人が避難対象となった。

 観光客で賑わう国際通り。物々しいい警備に外国の観光客もいぶかしげに「何事か?」と警察官に質問していた。

処理作業は予定より20分以上遅れ午前11時23分ごろ完了し、住民避難と交通規制が解除された。国際通りを封鎖しての不発弾処理は2004年、昨年9月に続いて3回目。

 

 

2018年1月20日リンクURL

画期的判決~高江抗議市民に対する 通行制止、ビデオ撮影は”違法”

16年11月、高江のヘリパット建設に反対して座り込む市民らの支援に車で向かっていた弁護士を、県警が2時間もの間、車の前後のタイヤにストッパーをはめ通行を規制し、その間1時間半にわたって承諾なくビデオ撮影をされたことに対し、那覇地裁は昨日(16日)「違法」との画期的な判決を下した。

 <17日 沖縄タイムス 朝刊 ↑↓>

訴えていたのは元県弁護士会長の三宅俊司弁護士。三宅弁護士は「全面勝訴。県警の違法行為は、政府の政策を実現するためであることは明らかだ。判決は政府の不当性を表している。裁判所は市民の自由を前提とした職務を要求している」と指摘した。

当時高江では、警視庁はじめ全国から派遣された500名の機動隊と沖縄県警の機動隊合わせて1000名もの機動隊が、抗議する市民を、何ら法的根拠なく通行を規制し、排除するという異常な状態が半年も続いた。その中で取材で現場に向かうテレビクルーや新聞記者も強制排除、拘束されるという無法地帯が出現していた。

いま、まさに辺野古でも同じような状況が起こっており、判決の影響が期待されるが

相変わらず今日も、座り込む市民を強制的に排除し、数台のビデオカメラで市民らを摂り続けていた。

2018年1月17日リンクURL