皆さん、辺野古へ来てください!~5月20日の辺野古

時折小雨がぱらつく一日だったが、集中行動日で200ほどが集まったため、工事車両の侵入はなかった。また風が強く、海上行動も中止になったとの報告だった。

土曜日は、県議、市町村議員を含め議員集中行動日。この日は議員さんたちの参加者も少なかったが、この緊迫した状況の中でも、1~2時間でほとんどの議員が帰ってしまうことに、早朝から夕方まで座り込む市民たちの間から、批判があがった。「せめて午前中だけでもいてほしい」と。

そんな中で特異なのは赤嶺衆議院議員と大城敬人名護市議員。赤嶺議員はいつも真っ先にきて、ほぼ午前中座り込む。非常にわかりやすい国会報告が党派を超えて評価されてる。

大城名護市議は、特別な日程がない限り、時には午後まで市民たちと一緒に座り込んでいいる。また土曜日以外の日もよくいらっしゃる。大城議員も、名護市議会の動きや地元辺野古の人々の暮らしや活動を、具体的にわかりやすく語り、信頼されている。

赤嶺衆議院議員は、前日の法務委員会における共謀罪法案の強行採決について詳しい国会報告を行った。「委員でもない維新の会の議員が審議の打ち切り動議を行い、それをきっかけに委員長が強硬採決に持ち込んだ」と、ありえない状況だったとのこと。「本会議での強行採決は、何としても止めたい」と決意を語った。

「K9護岸の埋めてて工事を、なんとか原状回復が可能なうちに止めたい。毎日200人以上が集まれば、工事は止められる」ということから、オール沖縄会議では、那覇から毎日大型バスを出すことを決めた。

皆さん!毎週とは言いません。せめて月に1~2回辺野古へ来てください。辺野古の埋め立てを止める、いまが最大のやま場です。

バスのケジュールは以下の通り。

運行表:那覇から毎日運行(工事のない日曜日は除く)

・月曜日:「平和市民」の大型貸し切りバス

・火曜日:「オール沖縄那覇の会」の大型貸し切りバス

・水曜日:「島ぐるみ会議」の大型貸し切りバス(現在運行中)

・木曜日:「平和市民」の大型貸し切りバス

・金曜日:「平和市民」の大型貸し切りバス

・土曜日:「島ぐるみ会議」の大型貸し切りバス(現在運行中)

○出発時間:9:00(時間厳守)、帰りは17:30那覇(県民広場)着予定。

○受付開始:8:30(先着順、定員に達し次第打ち切る)。                          なお、定員オーバーの時には「平和市民」の自家用車の活用も可能。その際、利用者は無料。

○集合場所・出発場所:「県民広場」(県議会横広場)。                           ○途中乗車:那覇インター前バス停での乗車も可能(ただし、出発時で定員に達した場合は自家用車の活用など 臨機な対応を努力する)

○貸し切りバスのコース:県庁前(県民広場)→那覇インターバス停→自動車道→宜野座インター→辺野古ゲート前

○雨天決行(雨具各自持参)                                                            ○昼食・飲み物:各自持参
〔注〕上記以外に、現在、水曜日と土曜日の早朝6:00に、「平和市民」の貸し切りバスが「県民広場」から辺野古に出ている。これは事前予約制で、従来とおり運行する。      連絡(予約)先:長嶺(090-2712-6486)か城間(080-1782-6598)。

※【その為のカンパの要請を添付で行っていますので、合わせて取り組みをお願いします。】

2017年5月22日リンクURL

山城博治さん、添田さん 第4回公判事前集会

              <5月8日(月)12:00~事前集会 裁判所前城岳公園>

前回は証拠映像(辺野古ゲートまえでブロックを積み上げて威力業務妨害)を取り違えるという検察側の不手際で全く審理が進展していない。現在まだその映像の整理ができおらず、8月までかかるという。そのため別件(高江で逮捕ざれた案件)を先に審理することになり、今回から添田さんも対象となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

二人は、同席することができないため、山城さんが集会の最初に挨拶、添田さんは集会の最後にあいさつした。共に「弾圧に屈せず、最後まで戦い抜く」と、決意を語った。

 

2017年5月8日リンクURL

博治さんら第4回公判 事前集会の呼びかけ

連休明け、休み中の作業の遅れを取り戻すため、多くの工事用トラックが、基地の中に入ることが予想されます。辺野古ゲート前の座り込みも最大結集が呼びかけられていますが、山城博治さんたちの裁判も大事な闘いです。

辺野古ゲート前から午後は裁判へという人もたくさんいますが、特に、諸事情で、辺野古へはいけないという方にぜひ裁判所前へ結集してくださるよう、呼びかけます。

2017年5月6日リンクURL